コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
廣部剛司建築研究所/Takeshi Hirobe Architects

弊社設計の『南青山M』もご紹介頂いています。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

外観 素材を通してニッポンの住まいを考える〜「外装材」part2
文/Naoko Endo
外装材を解説するシリーズ後編。暮らしのあり方や家を取り囲む土地の歴史と結びついた外装材をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む
外観 内と外の世界を緩やかにつなぐ、ニッポンの縁側
文/Naoko Endo
文字通り家の縁(ふち)にあって、内部でありながら外部のような。誰のものでもないのに個室のような居心地が良い、そんな縁側の魅力と不思議。
続きを読む
和室の記事 機能美を兼ね備え、次世代へと進化する「和室」
畳、襖、押入れなど、現代的で機能もすぐれた和室のしつらえが日本のみならず海外でも注目されています。和室のデザインの参考にしてみてください。
続きを読む
ニュース 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む
スタイル別 ミッドセンチュリーモダンデザインに見る、日本の「わび・さび」の美
日本の陶芸家の元で「わび・さび」を学んだアメリカ人の住宅のプロが、ミッドセンチュリーモダンデザインに見出したわび・さびの美とは?
続きを読む
建築・デザイン 建築家の谷尻誠さんが考える「人と人との化学反応が生まれるキッチン」とは?
「常に新しい概念を探しながら建築を設計している」という建築家の谷尻誠さんは、キッチン、リビング、ダイニングといった空間の区別やヒエラルキーがないほうが、コミュニケーションの生まれる空間になる、と考えています。
続きを読む
建築・デザイン ニッポンの壁〜多彩な内装材の世界
文/Naoko Endo
内装の仕上げは、いつも目にするものだからこそ、その空間の居心地を大きく左右します。紙、木材、ボード、タイルなど、多様な選択肢の中から自分の好みの仕上げを見つけて、オリジナリティーあふれる空間をつくりましょう。
続きを読む