コの字型キッチンの画像

キッチンには基本となるレイアウトがありますが、コの字型キッチンもその一つで、作業する人を取り囲む形のレイアウトです。

コの字型キッチンとは

コの字型キッチンとは、キッチンカウンターがカタカナの「コの字」の形につながったレイアウトのキッチンです。アルファベットのUの形でもあるので「U型キッチン」とも呼ばれます。台所の3方向がカウンターなので、十分な調理スペースをとることができ、カウンターをダイニングやリビングと対面式にして、オープンなスペースとして使えるのも魅力です。

コの字型キッチンの間取り

コの字型キッチン (U型キッチン) の間取りには、いくつかの種類があります。

  • コンロとシンクのL型キッチンとカウンターを組み合わせる間取り
  • コンロとシンクの二列配置とカウンターを組み合わせる間取り
  • コノ字型キッチンの通路を挟んで壁面収納を組み合わせる間取り

コの字型の間取りは、オープンなもの、独立キッチンのようなものなどといろいろ考えられます。キッチンのどの部分に調理器具やシンクを取り付けるか、キッチンのどの部分をダイニングやリビングに向けて開かれたレイアウトにするのか、背面にキッチン収納を設けるのか、何人まで無理なく作業できる台所にしたいか。自分の理想のコの字型キッチンのイメージを専門家に伝えて、アドバイスをもらうことをおすすめします。

コの字型キッチンのメリット

コの字型キッチンの一番のメリットは、作業効率のよさにあります。キッチンに立つ人を、コンロ、シンク、調理台が備わったカウンターで囲む間取りなので動線が短くなり、調理、洗い物、下ごしらえ、配膳などキッチン内の作業を効率よくこなすことができます。リビングやダイニングに向けて開かれたエリアを少なくすると、独立型キッチンのように見せることもでき、すぐに片付けられない場合も目立たないコーナーに洗い物を置けるなど、オープンキッチンより融通が聞きます。

コの字型キッチンのデメリット

コの字型キッチンは、シンプルな壁付けキッチンに比べると、設置に広めのスペースが必要にです。背面にキッチン収納がある間取りでは、通路の広さも考慮しましょう。また、基本的にコノ字型キッチンは一人で作業するのに適したレイアウトなので、大勢での作業は、動線が交錯することも。コンロ、流し、調理台の配置にもよりますが注意が必要です。

コの字型キッチンを作るときに気をつけたいポイント

作業スペースが広く取れて、動線も効率的なU型キッチン。設計やデザインで気をつけたいポイントがいくつかあります。まず1つは、コの字型キッチンではコーナー部分が2つできるため、届かない場所(デッドスペース)を作らないようにすることです。カウンターの幅などを調整して工夫しましょう。コーナー収納は、フードプロセッサーやミキサーなどの調理器具や電化製品を収納するのに便利です。回転式のコーナー収納台を使ったり、コの字型キッチンにカウンター下収納をつける場合など、キッチン設備の専門家に設計について相談してみましょう。

L字型キッチンにカウンターをつけて、ダイニングやリビングに対面式にする間取りも人気です。その場合、シンクとコンロを壁付けにするのか、壁側とL字で接した部分に独立して配置するのか、冷蔵庫などの家電との位置関係も台所の使いやすさに影響します。

自分と家族にとっての理想のコノ字型キッチン

Houzz では、世界中のおしゃれなコの字型キッチン画像や、実際にキッチンリフォームや設計施工を手がけた建築家やリフォーム会社の情報をご紹介しています。気に入ったコの字型キッチンの実例画像やインテリア例は、簡単にアイデアブックに保存することができます。実際にキッチンリフォームを始めるとき、保存した写真を家族やキッチン設備の専門家、リフォーム会社、リノベーション業者と共有することで、理想のイメージが伝わりやすくなります。

お気に入りのU型キッチンのアイデアを集めていくと、漠然としていた「理想のコの字型キッチン」が明確に見えてくることも。あなたと家族みんなにとって、使いやすいおしゃれなコの字型キッチンづくりに、ぜひ Houzz をお役立てください。

PR
PR
信頼できるプロの力で夢の家を現実に
信頼できるプロの力で夢の家を現実に