廊下のインテリア 収納 事例写真

廊下をリフォームしてみませんか? バリアフリーのためのリノベーションやニッチスペースを使った収納の設置など、廊下のリフォーム・リノベーション事例写真の中から、あなたの希望や条件にぴったりのデザインアイデアを見つけてください。

廊下はスペースとしての認識が低いかもしれませんが、実は家族が日常的に行き来する重要なスペースです。また、玄関ホールは家に出入りするために必ず通る場所。さらに、玄関ホールに収納の場所を確保したり、廊下に趣味のものをディスプレイしたりと、使い方次第では有用なスペースにもなります。空間と空間をつなぐだけではない廊下に玄関ホール。その有効活用に今日から取り組んでみてはいかがでしょうか。

廊下をデコレーションしてみよう!


窓もなく、ただまっすぐ伸びる廊下はどことなく殺風景。そこで、お気に入りの写真や絵画、アートを飾って、ギャラリーのように廊下をおしゃれに仕立ててみましょう。賃貸などで壁に穴をあけられなければ、額に入れた作品を床に置き、壁に立てかけておくのもおすすめ。また、廊下の角や玄関ホールなど、邪魔にならないところにスツールを置いて観葉植物や花瓶を置くのもいいですね。スペースが取れるようであれば、廊下に机やいすを置いて書斎のような使い方にするのもいいでしょう。いずれにせよ、廊下に物を置くようであれば、特に夜、足をひっかけないよう、足元灯の設置は必須です。


廊下と玄関ホールのバリアフリー


家族の介護が必要となったときに、一番に考えるのは廊下や玄関ホールなど家のバリアフリー化でしょう。廊下はリビングやダイニングほど施工費用をかけていませんし、明るさも広さも新築時にはあまり重要視されていないことが多いですが、暗くて狭い廊下では高齢者の転倒事故が起こりやすく、危険な環境になっている家も多いのです。バリアフリーのリフォームを施すことで、部屋と廊下の境となる敷居などの段差をなくし、手すりをつけ、窓からの採光や、照明・足元灯で明るくし、広さを確保することなどが叶えられます。手すりであれば簡単に取り付けやすそうと思われがちですが、使う人の背の高さに合わせなければ補助にならなかったり、手を滑らせる原因となりますし、取り付けが甘いと体重をかけたときに大変危険です。専門家に相談しましょう。また、お住まいの地域によっては行政からバリアフリー化工事のための補助金制度があるので、調べてみるといいでしょう。
PR
PR
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!