庭・ランドスケープのデザイン写真

庭・ランドスケープのおしゃれなデザインアイデアを多数の事例写真でご紹介します。ガーデニングのレイアウトや庭デザインの参考になる、世界中のおしゃれな庭・ランドスケープのデザイン画像をお楽しみください。

庭をデザインする


雅な雰囲気の日本庭園、ニースの風を感じる南欧風のガーデン、バラが咲き誇るイングリッシュガーデン、ウッドデッキに青々とした芝生のコンビネーションなど、一言で“庭”と言ってもさまざまなガーデニングレイアウトがあり、それぞれの庭デザインによって印象や手入れがまったく異なります。もし狭小の庭であれば、思い切って日本庭園風に寄せてしまうのが正解。なぜなら、日本庭園は構成要素が少なく、余白を美とするのが特長。狭くても世界観を表現することが可能だからです。全体に低い植物や置物で統一することで目線を低く抑え、広く見せることができます。日本家屋でなくても、意外と合う日本風の庭園。家の建て替えや新築の際には検討してみてはいかがでしょうか。

洋風の庭でガーデニング


きちんと手入れされた芝生に、咲き乱れる季節の花。ゆったりと腰掛けられるベンチや噴水のある洋風の庭は誰しもがあこがれるスペースです。植木の周りを囲うレンガや、植木鉢やプランターをおしゃれに見せるアイアン製の装飾や、木のベンチやスツール、陶器の置物なども、庭の雰囲気を一気にグレードアップさせます。いずれも風雨にさらされると劣化を早めますし、台風や竜巻などが来るとあらかじめわかっているときには、防災面からも早めに屋内へ引き上げたほうがよいでしょう。汚れていたり、壊れていたりすると嫌でも目についてしまうのが庭。いくら部屋をきれいにしても庭がそうでないと興ざめしてしまいます。“ほら! 自慢の庭を見て!”と言わんばかりに、常に美しく保っておきたいですね。

芝の手入れの方法は?


『隣の芝生は青い』ということわざ、実は英語でもあります(『The grass is always greener on the other side of the fence.』)。それくらい馴染みがあり羨望の象徴となっている芝生は、とても手がかかる植物です。手入れを怠るとすぐに雑草が伸びたり、芝がはげたり……。日当たりや排水などの環境のほか、日ごろから少しずつ手入れをしたり、管理が重要となります。手入れの基本は芝刈り、水やり、除草、肥料の4つ。四季がはっきりしている日本では、その時季に応じた手入れの方法や、葉腐病などの病気や害虫の対策もしなければなりません。まさに青い芝生は一日でならずなのです。
他の地域のアジアンスタイルの中庭の画像

三世代で暮らすコートハウス
他の地域のアジアンスタイルの中庭の画像

東京23区のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (庭への小道、半日向、砂利舗装)

庭の入り口からの風景は、雪見燈篭と石橋の織り成す眺め。周囲の植栽や下草と溶け込ませ、石材が目立ち過ぎずお庭のキャストとして馴染む事が理想的です。
東京23区のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (庭への小道、半日向、砂利舗装)

他の地域のトラディショナルスタイルの庭・ランドスケープの画像

安らぎのパティオにRe Garden ガーデンアメニティ宇部市
他の地域のトラディショナルスタイルの庭・ランドスケープの画像

横浜の中サイズのアジアンスタイルの横庭の画像

既存を一部残して賃貸に活用。新築計画に収益という新たな可能性を付加した、茅ヶ崎プロジェクト。長谷川Designの創出する付加価値づくりです。 一部解体し、一部残し賃貸利用の住宅を、新築部の背景をなすべく、ダークグレーとし、緑を生き生きと見せています。新築部分は手の届く範囲で天然素材をあしらい、それ以外は経年変化のないガルバリウムスパンドレル。ダークグレーメタリックの金属板と自然素材が美しいコントラストをなしています。

東京23区のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (日向)

東京23区のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (日向)

他の地域のビーチスタイルの庭・ランドスケープの画像

埼玉県越谷市 市街化調整区域に建つ2世帯住宅 市街化調整区域なので土地が広く この計画では90坪の敷地面積があります 今後 埼玉以北では 土地を広く活用してゆとりを持った生活が出来ようになるのではと 思わせる計画となりました お施主さんの要望は 外観から内部空間がどうなっているのか 想像がつきにくい建物 2世帯毎にLDKと玄関、浴室 トイレ等の水回りを別に設けること アメリカ西海岸を思わせるような建物 建物の配置は コの字型の平面計画 中庭を設けて その中庭に沿って親世帯の生活空間 南側の芝庭側に子世帯のLDKを配置 2世帯住宅ですがある一定の距離感を保ちながら 各世帯が生活出来るように配慮してあります 西海岸を思わせるような建物を造った経験はないので お施主さんの大きな協力を基に出来上がった家です 休日は LDKの窓を全開口して ウッドデッキや芝にシートを敷いて幼いお子さん達がお弁当や お菓子を食べたり 友達家族を招いてバーベキューをしたりと ゆとりのある生活と その生活を支える家 お施主さんの人柄が全面的に出た計画となりました

東京都下の小さいコンテンポラリースタイルの庭・ランドスケープの画像 (日向)

小さな吹抜けとペレットストーブの家  撮影:黒住直臣
東京都下の小さいコンテンポラリースタイルの庭・ランドスケープの画像 (日向)

他の地域のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像

風の通りや光の入り方を考え、大容量の収納スペースや水廻りを中心に快適な動線をレイアウトしました。
他の地域のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像

他の地域の和風の庭・ランドスケープの画像 (半日向)

photo by 猿山知洋
他の地域の和風の庭・ランドスケープの画像 (半日向)

他の地域のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (デッキ材舗装)

扇建築工房
他の地域のアジアンスタイルの庭・ランドスケープの画像 (デッキ材舗装)

他の地域のモダンスタイルの庭・ランドスケープの画像

photo by apertozero
他の地域のモダンスタイルの庭・ランドスケープの画像

札幌の中サイズのカントリー調の裏庭の画像

森の中のスキップ住宅
札幌の中サイズのカントリー調の裏庭の画像

他の地域の広いアジアンスタイルの裏庭の画像 (整形式庭園、庭への小道、天然石敷き)

他の地域の広いアジアンスタイルの裏庭の画像 (整形式庭園、庭への小道、天然石敷き)

他の地域の北欧スタイルの前庭の画像 (私道)

千葉の平屋敷 photo by Sadayuki Saito
他の地域の北欧スタイルの前庭の画像 (私道)

他の地域の小さいアジアンスタイルの横庭の画像

京町の家 HEARTH ARCHITECTS 本計画は、江戸時代に整備された東海道五十三次の宿場町のひとつ「水口宿」沿いに建つ古い街並みの残る計画地です。その為、周辺の生活道路となっている前面道路や敷地は狭く、南東角地という好立地ながら道路と建物の間に広いスペースを取ることが出来ず、南東側に開けた建物を建てにくい立地条件でした。 そこで建物の南東側に中庭スペースを設け、内部と外部の干渉帯としての中間領域を創り出す事で、敷地の問題点を解決するだけでなく、より豊かな住環境を手に入れる事が可能となりました。どこからでも見渡す事の出来る中庭には落葉樹のシンボルツリーを設け、葉が生い茂る夏には日除けとして、また葉が落ちる冬には家の中に日を入れる役割を果たしてくれます。 そんなシンボルツリーは、家にいながらも四季折々の変化や時間の変化を楽しませ、クライアントの日常に豊かな変化をもたらしてくれるはずです。

東京23区のコンテンポラリースタイルの庭・ランドスケープの画像 (整形式庭園)

東京23区のコンテンポラリースタイルの庭・ランドスケープの画像 (整形式庭園)

京都のアジアンスタイルの中庭の画像 (砂利舗装)

architect:杉江 崇
京都のアジアンスタイルの中庭の画像 (砂利舗装)

他の地域のビーチスタイルの庭・ランドスケープの画像

他の地域のビーチスタイルの庭・ランドスケープの画像