アイランドキッチンの画像

アイランドキッチンは家族やお客さまとコミュニケーションがとりやすく、共同作業がしやすいので、家族の人数が多い人やホームパーティーが好きな人に特に人気なキッチンです。そのアイランドキッチンについて、アイランドキッチンとは何か、メリットとデメリット、実際に設置する際の注意点について説明します。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、壁から離れた場所に独立して設置されたキッチンです。壁から独立した様子が、島(アイランド)のようであることから、アイランドキッチンと呼ばれています。アイランドキッチンはシンク(流し)や調理台を設けたり、一方をダイニングカウンターとして使うなど、デザインや間取りによりいろいろな使い方ができます。ダイニングやリビングとつながる間取りが多く、オープンキッチンとして開放感があるのが特徴です。

流しや調理台を設けたアイランド型キッチンは対面キッチンとなり、作業をしながらでも、家族やお客さまとコミュニケーションがとりやすくなります。また、四方からアクセスできるため、共同作業がしやすいというメリットもあります。アイランドキッチンのイメージとしては、広々して開放的、おしゃれ、お料理教室みたい、などが定番でしょう。

アイランドキッチンの間取り

アイランドキッチンにもいくつかのレイアウトがあります。例としては、

  • メインのシンクや調理機器を組み込んで、独立した作業台としてアイランドキッチンを使う間取り
  • 壁面キッチンをメインの作業台として向かい合わせにアイランドキッチンを設置する対面式間取り
  • 下ごしらえ用のシンクや予備の冷蔵庫など、キッチンの機能の一部をアイランドキッチンにつける間取り

以上の間取りに加えて、アイランド型キッチンの一方をキッチンカウンターとして使うレイアウトも人気の間取りです。またフロアキャビネットなどの収納スペースもアイランドキッチンに組み込まれることが多くなっています。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリットとして一番に挙げられるのは、開放感です。壁に接することなく独立したレイアウトは、リビングやダイニングなど他の部屋との一体感をつくります。

アイランドに流しや調理台、調理器具、食洗機などをビルトインした対面キッチンは、作業しながらでも、他の部屋にいる家族やお客さまとのコミュニケーションを取ることができます。お子さんがいるご家庭では、毎日の料理や片付けをしながら子供の様子を見守ることができるのも大きなメリットです。

壁に接することなくアイランド (島) として独立しているので、四方からアクセスができるで、共同作業がしやすく、家族や友人と一緒に料理を楽しめるのもアイランドキッチンならでではの魅力です。

アイランドキッチンの一方をキッチンカウンターにするレイアウトも人気です。ハイチェアやスツールを置けば、自宅でカフェバーやダイニングバーの雰囲気を作ることができます。キッチンカウンターでの食事は、料理を他の部屋に運ぶ手間も省け、後片付けの時短にもなります。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンのデメリットは、調理中の水はねや油はね、匂いの広がりです。シンクの前に水はね防止の目隠しを付けたり、コンロの周りに油はねガードを付ける、または換気扇 (レンジフード) を昇降式にするなど工夫できる点はありますが、特別なデザインは、一般的な壁付けキッチンやシステムキッチンと比べて、割高になります。

また、オープンな間取りであるがゆえ、いつも片付けておかなくてはなりません。まな板や水切りカゴなど、独立型キッチンでは出しっぱなしでも違和感がないキッチングッズも、アイランド型キッチンでは、置き場所や収納に工夫が必要です。

アイランド型キッチンを作るときに気をつけたいポイント

レイアウト次第で、色々な使い方ができるアイランドキッチン。設置を考えたとき、何に気をつけるべきでしょうか。

アイランドキッチンに備えたい機能

作業台やシンクを備えたメインのキッチンとしてアイランド型キッチンを使う場合、ビルトインする家電や調理機器の大きさにもよりますが、広めのアイランドになるでしょう。キッチンアイランドでどの程度の作業をするのか。シンクのみ、またはシンクと食洗機両方を取り付けるのか。料理の下ごしらえもするのなら、ゴミ箱の置き場所も確保しておきましょう。

アイランドキッチンのサイズと通路幅

キッチンアイランドの周りには通路を確保する必要があるため、コンパクトにデザインされたシステムキッチンより、広いスペースを確保しなくてはなりません。アイランドキッチンの寸法は、そこにどんな機能を設置するか (シンク、コンロ、作業台、カウンター) によって変わってきます。通路の幅は、80〜90cmだとひとりで振り返りながら作業するのには使い勝手がいいですが、たくさんの人が出入りする場合はストレスを感じることがあるかもしれません。通路幅が100cm以上あると、引き出し収納も引き出しやすく、同時にたくさんの人がいてもみんなが使いやすいアイランドキッチンの間取りです。ただし、通路の幅を広くとると、キッチンのサイズが広くなる分、隣接するリビングやダイニングのサイズが狭くなるので、バランスを考えることも重要です。周りに必要な床面積は、後悔しないためにも、キッチン設計・施工の専門家に、自分の優先順位を伝えてアドバイスをもらうことをおすすめします。

アイランドキッチンの収納

キッチン収納スペースの確保も考えるべきポイントです。アイランドが大きすぎると、アイランド下に収納スペースを設けた場合、真ん中にアクセスできない場所ができてしまいます。アイランドの上に吊戸棚をつける場合は、周りの部屋との調和を保つデザインや建材選びが必要になります。

アイランドキッチンカウンター

アイランドにハイチェアやスツールを置いて、カジュアルな食事ができるダイニングカウンターにするなら、カウンターの高さも重要なポイントです。最初に椅子を選んでカウンターの高さを決めるのが一般的ですが、作業エリアとは異なる高低をアイランドにつけることもできます。座ったときに膝が当たらないかも重要なチェックポイントです。椅子はカウンター下に収納するのか、カウンター部分に作業台の天板と同じ素材を使うのか、また違う素材にするかでも印象が違ってきます。

キッチン内の動線

キッチンでの作業内容は多岐にわたります。冷蔵庫、シンク、コンロを結ぶ動線が正三角形に近いほど、効率よく作業ができることも覚えておきましょう。

自分と家族にとっての理想のアイランドキッチン

レイアウトによって、様々に使えるアイランドキッチン。あなたにとって、家族にとって理想のアイランドキッチンとは、どのようなキッチンですか?

  • 本格的な料理を作る調理機器やコンロ、流しをしつらえた調理台としてのアイランドキッチン。
  • ホームパーティや料理教室、おもてなしにも使える、大勢で囲めるアイランドキッチン。
  • 家族で食事をとったり、子供が勉強できたりする多目的スペース。

どんな使い方をしたいか、家族みんなでリストを作成して優先順位をつけてみましょう。

Houzz では、世界中のおしゃれなアイランドキッチンの画像を多数ご紹介しています。フィルターを設定して、モダン、北欧スタイル、カントリー調など、インテリアデザイン別のアイランドキッチンの画像を表示することができます。

画像はもちろん、実際にリフォーム・施工を手がけた専門家の情報も、簡単にアイデアブックに保存することができます。保存したアイデアは家族や専門家と共有できるので、気に入ったアイランドキッチンの間取りやスタイル、色、カウンターの素材など、名前がわからなくても画像を共有すれば、専門家に相談する際にも誤解なく伝わります。

気になるキッチンアイランドの画像やレイアウト例を保存していくと、漠然としていた「理想のアイランドキッチン」が明確に見えてくることも。家族みんなの希望を叶える理想のアイランドキッチンづくりに、ぜひ Houzz をお役立てください。