廣部剛司建築研究所/Takeshi Hirobe Architects
設計は対話から始まりそれを空間に変換していく作業。まずはお話しを聞かせて下さい。
住まいの心地よさは、光の陰翳や包まれる素材の確かさ、空間の繋がりなどが支えているという視座に立って設計活動をしています。 代表経歴: 1968年 神奈川県生まれ。1991年に日本大学 理工学部 海洋建築工学科 を卒業後、芦原建築設計研究所(主宰 芦原義信1918―2003)に入所。公共建築や事業ビル、集合住宅などの設計に携わる。 1998年春まで約2年間は、上野公園内の「国立科学博物館 新館」に監理責任者として常駐した。その後、世界の建築を実際に見て歩くために退所。8ヶ月に渡り世界中の名建築を訪ね歩く。 この記録は2006年に著書『サイドウェイ 建築への旅』(TOTO出版)として書籍化されている(2009年に台湾版も発売)。 帰国後の1999年。廣部剛司建築設計室を設立し独立。 2009年 (株)廣部剛司建築研究所に法人化、住宅や店舗、事業ビル等の設計などを手掛ける。 2005〜2016年 日本大学理工学部 海洋建築工学科 非常勤講師 2005年〜 明治大学理工学部 建築学科 兼任講師 2007年2月から2年間。雑誌『モダンリビング』にて「響きのかたち」を連載。海外建築の魅力を建築家の視点から伝えた。
サービス内容:

ガレージ設計, サステナブル建築, スマートハウス, バリアフリー化, ホームシアター設計, ユニバーサルデザイン, リノベーション, 空間設計, 建築設計, 古民家再生, 高級リフォーム, 子供部屋のデザイン・設計, 住宅の新築, 住宅設計, 省エネ住宅, 設計図, 増改築, 中庭・テラス設計, 注文住宅, 二世帯住宅, パティオ設計施工, 狭小住宅建築

対応エリア:

神奈川県, 宮城県, 東京都, 愛知県, 静岡県, 千葉県, 全国

受賞歴:

モダンリビング大賞 準大賞 「Villa Escargot」 2015 モダンリビング大賞 特別賞 「Villa SSK」 2013 第4回木質建築空間デザインコンテスト「海辺のシェルハウス」最優秀賞 モダンリビング大賞 特別賞 「上野毛T」 2010 モダンリビング大賞 特別賞 「浜田山の家」 2009 第27回INAXデザインコンテスト 部門賞 入選 「黒箱-渋谷H」 第2回木質建築空間デザインコンテスト「茶畑の家」住宅部門 入賞 2005 住宅建築賞・奨励賞 「茶畑の家」 ほか多数

決まった型にあてはめることなく、それぞれの計画で唯一無二のデザインを求めております。それは心地よさと共にあってほしいと考えています。

page_type: prop_plus_profile
連絡先:廣部剛司 
所在地:〒213-0004
神奈川県川崎市高津区
諏訪1-13-2
資格・免許:
平均依頼コスト:3,000万円以上5億円未満