コメント (3)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Seigo Miyake

 

和敬清寂 ( Wa Kei Sei Jaku )

 

 茶道は”快適な暮らしの知恵の宝庫”だと思います。正式な茶事は4時間近くあるそうで、清潔で静かな空間に、花や香りにこだわり、明るさを調整し、時に珍しい菓子などを調達する。4時間ものあいだ快適にお過ごし頂き、気持ちよくお帰り頂くノウハウが、何百年も前に完成していたのですから驚きです。

 もっともっと勉強したいと思います。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
横浜Tキューブ・スタイル

20年前に建てた時、和室を茶室にしました。
普通の家でも、小さな水屋を作り、床の間には隠し釘をつけていただいたりと、作ったことのないハウスメーカーの方と相談しながら楽しく作ったのを覚えています。
戸建の醍醐味は、自分の思うように相談しながら作れる空間が、マンションよりはあるということだと思います。家づくりは、楽しいですね。
マンションでもできないかと、今回の写真を見ながら思い描いていました。

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
株式会社 東北住研

もてなしの総合芸術といわれる茶道は厳しい規矩作法などを想定し、憧れを持ちつつ敬遠されがちですが自分の出来る範疇でお稽古に励んで参りました。

私が代表をつとめる(株)東北住研はお茶室の建築に長年携わっておりますので基本的な約束事はしっかり弁えた上で 様々な条件に合わせたお茶室を建てさせていただきます。

   

おすすめの記事

ニュース 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む
日本 Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト
文/Miki Anzai
築100年の京町家を左官職人出身の建築家が再建し、日本文学研究者のセカンドハウスに。新旧の素材を組み合わせ、建物の歴史を浮かび上がらせた美しい家。
続きを読む
和室の記事 涼を呼び込む「露地」の基礎知識
文/藤山佳織
むしむしした夏に、みずみずしい露地で目から涼しく。ご自宅の庭でも取り入れてみませんか?
続きを読む
建築・デザイン 知っているようで知らない、畳と和室の文化
近年、海外の方が、来日したら寝転がってみたい! という和室の畳。自宅に和室や床の間があるだけで、家自体がピンッと引き締まる気がしませんか?
続きを読む
ニュース ハウズ日本版が1周年を迎えました!
文/Houzz Japan
住まいと暮らしの楽しさと豊かさを追求するハウズの特集記事について、キーワードをご紹介しながら、あらためてご案内します。
続きを読む
建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む
ライフスタイル 北欧と日本の魅力を兼ね備えた「ジャパノルディック」とは?
文/Sara Norrman
注目を集める「ジャパノルディック」デザイン。デンマークと日本の両方で活躍する3人のデザイン専門家に、両国の知られざる「熱い関係」を取材しました。
続きを読む
インテリア インテリアデザインのプロに聞く、2017年トレンドのキーワード
今年、人気を集めるスタイルやテイスト、注目のアイテムやデザイナー。インテリアのプロが予測する、トレンドキーワードをご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む