佐野文彦/Fumihiko Sano Studioさんの写真

佐野文彦/Fumihiko Sano Studio

レビューを書く
東京都文京区
佐野文彦/Fumihiko Sano Studio
建築家/美術家 1981年奈良県生まれ。京都、中村外二工務店にて数寄屋大工として弟子入り。設計事務所などを経て、2011年佐野文彦studio PHENOMENONを設立。大工として、技術や素材、文化などと現場で触れ合った経験を現代の感覚と合わせ未来への新しい日本の価値観を作ることを目指してデザインやインスタレーションを手掛けています。 数寄屋大工とは茶室や料亭、文化財、迎賓館などを専門とする大工です。数寄屋は、社寺と違い様々な材料を使います。皮付き丸太や竹、檜、杉、松、栗、栂、などを中心に多くの個性的な素材を組み合わせます。私が職人として学んだ一つ一つの木目の見せ方、手触りや足触り、香りといった様々な素材の個性の活かし方。素材にはその素材にしかできない事があります。またその素材の中でも同じものは二つとありません。価格の高い安いにかかわらず、技術や素材の良さを惹き出すこと、周辺に育まれた文化をデザインのコンテクストに入れること。伝統工芸と呼ばれる世界を経験してきたことを生かし、資本主義や時代の流れの速さによって失われつつある日本が持っていた素晴らしい伝統を守りつつ、ここまで先人たちが紡いできた文化を未来へアップデートすることを目指し、作品を作っています。 Architect. 1981 Born in Nara At the construction company, dealing with traditional Japanese style, studied technique , material, and culture as a carpenter after the graduation from a high school. Participates in construction of a tearoom, a Japanese restaurant, a Japanese hotel, the State Guesthouse, and etc. 2011 Established FumihikoSano studio PHENOMENON. Dealing with the design and installation by making the best use of what learned as carpenter and Modern sence.
受賞歴:

2014年 ELLE DECOR Japan ヤング ジャパニーズ デザイン タレント賞 2016年 文化庁文化交流使

佐野文彦/Fumihiko Sano Studioのプロジェクト (2)