コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
uchibori_ppr

ステンドグラスの歴史にもふれられ、その変遷などもわかりやすくライトにまとめてくださり、いい記事をありがとうございます。私の場合、父が生前ステンドグラスの職人であったので、とても馴染みの深いものです。父の死後、母が建ててくれた我が家には、各部屋ごとに父の作品でもあるステンドグラスが入っていました。その光の柔らかく、温かいこと。目覚めと共に幸せを感じていました。近年、父の友人で現在も作家として日々ご活躍の加藤眞理氏が、ブルーグラスの心理的効果も広めてくださっています。住宅にステンドグラス。。。とても贅沢のように感じるかもしれませんが、日々の身体と心への労りにはこれから、とても受け入れられていくのではないかな?と感じています。次の記事も楽しみにしております。

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
N Square(UK) LTD

コメントありがとうございます。ステンドグラスは時代を超えて不思議な安らぎを与えてくれますよね。ステンドグラスがもっと皆さんに身近なものとしてインテリアに取り入れて頂けたらと思っております。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

ニュース 「日本、家の列島」展から読み解く、「住むことをめぐる物語」
「日本の都市に建築家がつくる家には、どうしてこれほどクリエイティブな作品が多いのだろう?」――建築家や写真家のフランス人たちが驚いた住宅約70点を紹介する展覧会が東京で開催中。家づくりに関心のある人にとっては、必見の展覧会です。
続きを読む
建築・デザイン 5分でわかるデザイン様式:バロック様式の成り立ち
よく知られた歴史上のデザイン様式を、時代背景と今につながる流れ、代表的な建築物や人物、住宅インテリアデザインの特徴とともに、コンパクトに解説。今回はルネサンスに続いてイタリアで発展した、壮麗なバロック様式についてご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 5分でわかるデザイン様式:イタリアから英仏に伝わったルネサンス様式
イタリア・ルネサンスはヨーロッパ各地に渡ったイタリア人芸術家によって伝えられ、その後100年ほどかけて発展しました。なかでも興味深いスタイルの融合が見られたフランスとイギリスについて解説します。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
ライフスタイル 自家製の桜の塩漬けを作ってみよう!
この季節、お花見や近所のお散歩時の目で楽しむ桜もいいけれど、桜の塩漬けがあれば香りや味わいも楽しむことができます。
続きを読む
インテリア ベッドにクッションをたくさん置くのはなぜ? 寝室を素敵にするピローの飾り方ルール
枕以外に、たくさんのピローやクッションがベッドの上に並んだ風景を見たことがあるでしょう。寝室を簡単にグレードアップできる「デコラティブピロー」の基本ルールをご紹介します。
続きを読む
インテリア 憧れのインテリアスタイルのエッセンスを取り入れる方法:トラッド&ヴィンテージ編
今の部屋に憧れのインテリアスタイルを少しだけ取り入れて、素敵なコーナーづくりを。そのポイントの絞り方のヒントを、14のスタイルの中からご紹介します。今回はトラディショナル、トランジショナル、ゴシック、ヴィンテージについて。
続きを読む
トイレ・洗面所の記事 森瑤子エッセイに学ぶ、素敵な暮らしとインテリア:黄昏時の泡風呂
作家の母が残したエッセイを紐解きながら、娘である筆者が今の暮らしやインテリアに活かすヒントを探します。今回は泡風呂にまつわる一編と、泡をデザインモチーフにした素敵なバスルームをご紹介。
続きを読む
インテリア ウィリアム・モリスのものづくり精神とテキスタイルデザイン
イギリスの文化芸術、特に室内装飾の分野で大きな功績を残したモリスのものづくりについて、テキスタイルデザインを中心にご紹介します。
続きを読む