コメント
おすすめの記事
建築・デザイン 日本の住宅建築に今も息づくフランク・ロイド・ライトの影響とは? 【Part 2】
日本に一時滞在し、日本の若き建築家たちにライトが与えた影響は、彼が日本を去ったあとも、「アプレンティス」と呼ばれた弟子たちから、その弟子、そのまた弟子たちへと、脈々と受け継がれ、今も日本の住宅建築のなかに息づいています。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:フランク・ロイド・ライトの落水荘
「史上最高のアメリカ建築」といわれる、フランク・ロイド・ライトの代表作〈落水荘〉の魅力とは?
続きを読む
ニュース・トレンド 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む 2
建築・デザイン 名作住宅:フランク・ロイド・ライトの自邸兼スタジオ
ルイス・サリヴァンの事務所で働いていた若きライトが建てた自邸。後に事務所も兼ねることになるこの住宅から、数々の名作建築が生まれました。
続きを読む
Houzzツアー フランク・ロイド・ライトの「プレーリー住宅」の住み心地とは?
文/Becky Harris
名作プレーリー住宅《ブース邸》に50年間住み続けた女性が振り返る、ライト設計の住宅の住み心地とは?
続きを読む
日本 東西の建築文化を見事に融合させた、レーモンド設計《旧イタリア大使館別荘》
帝国ホテルの設計に際しフランク・ロイド・ライトの右腕として来日したのをきっかけに、多くの日本人建築家に影響を与えたレーモンド。日光・中禅寺湖畔にたたずむ、彼の住宅作品の名作の1つ《旧イタリア大使館別荘》をご紹介します。
続きを読む 7
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:イームズ邸
文/John Hill
イームズ夫妻の自邸兼アトリエは、カラフルで活気あふれるスタイルで、モダニズムのステレオタイプを打ち破りました。20世紀で最も重要なデザイナー夫妻の個性をあますところなく表現した住宅をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む 2
建築・デザイン 名作建築:フランク・ロイド・ライトの田園の事務所兼自邸《タリアセン》をたずねて
1911年、ヨーロッパ滞在から戻ったフランク・ロイド・ライトはウィスコンシン州の田園地帯に新しい自宅兼事務所《タリアセン》を建設。文化人の「田園の社交場」となったこの場所から《落水荘》や《グッゲンハイム美術館》など数々の名作が生まれました。
続きを読む