北欧スタイルの家の画像・アイデア

日本でも人気の高い「北欧スタイル」は、「スカンジナビアンスタイル」とも呼ばれ、スカンジナビア半島周辺の、スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークで1950年代に生まれたインテリアスタイルを指します。北欧スタイルの特徴といえば、「シンプル」で「ナチュラル」。他のスタイルとの掛け合わせやすさが受けて、IKEA(イケア)やMarimekko(マリメッコ)など、多くの北欧スタイルのブランドがここ日本でも手に入ります。

最近では北欧スタイルにもニューウェーブが来ている模様。これまでの温かみのある色を使うイメージのあった北欧スタイルと比べ、モノトーンやグレーを基調としたシンプルモダンな印象の「ニューノルディックスタイル」が話題となっています。

北欧スタイルの魅力


優しい光や、湖や森といった自然を連想させるモチーフをふんだんに取りいれた、ミニマルで美しい北欧デザインとライフスタイルは、世界を魅了してきました。北欧スタイルとは、単に床を白く塗ったり、柄物のテキスタイルを用いたり、椅子のカバーにシープスキンを使うといったテクニックだけを指すのではありません。日々の生活に愛着とゆとりを感じながら暮らす北欧の人たちの心が、北欧スタイルをつくっているのです。

北欧スタイルを確立させた、デザイナーたちの存在


アルヴァ・アアルト(フィンランド)、アルネ・ヤコブセン(デンマーク)、カイ・フランク(フィンランド)など、多くの有名デザイナーの存在も、北欧スタイルを語るには欠かせません。彼らは建築だけでなく、北欧スタイルの豊かでおおらかな自然をモチーフにしたプロダクトも数多く発表しており、北欧スタイルの古くからの意匠をモダンに昇華させました。ニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションにも選ばれ、北欧スタイルの世界的な人気を確立した立役者でもあります。
PR
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!
PR