素材の特徴を活かした完全分離型二世帯住宅
素材の特徴を活かした完全分離型二世帯住宅
クラシスホーム株式会社
名古屋のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなリビングの写真
パークサイドハウス
パークサイドハウス
黒渕忍建築設計事務所
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなLDK (白い壁、濃色無垢フローリング、薪ストーブ、レンガの暖炉まわり、茶色い床) の写真
平田の家
平田の家
クニヤス建築設計
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれな黒い外観の家の写真
おおみやスタジオ
おおみやスタジオ
オーガニックスタジオ株式会社
パッシブデザイン 緑が鮮やかで、ここのところの夏の暑さも木々のお陰でエアコンの利きに貢献してくれます。
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなLDK (白い壁、無垢フローリング、壁掛け型テレビ) の写真
大窓にイチョウを飾る家
大窓にイチョウを飾る家
株式会社CubeDesign
他の地域の木のミッドセンチュリースタイルのおしゃれな階段 (金属の手すり) の写真
『素材で感じるブルックリンスタイルの家』
『素材で感じるブルックリンスタイルの家』
ハウスデザイン一級建築士事務所
他の地域の中サイズのミッドセンチュリースタイルのおしゃれな主寝室 (グレーの壁、淡色無垢フローリング、マルチカラーの床) のインテリア
ママお気に入りのカフェ風ダイニング
ママお気に入りのカフェ風ダイニング
株式会社ファンハウスアンドデザイン
カフェが大スキなママのためにカフェ風ダイニングにしました。休日は家族や友だちとカフェ風ランチもいいですね。
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなダイニングの照明の写真
千年町の家
千年町の家
WORKS・WISE
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなトイレ・洗面所の写真
cave house 灰の窟
cave house 灰の窟
株式会社I.D.Works
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなホームオフィス・書斎の写真
【寝室】
【寝室】
リフォームプライス・ホームテック株式会社
アンティークな家具や洋服集めが趣味のお施主様。 ホームテック㈱
東京都下のミッドセンチュリースタイルのおしゃれな寝室のレイアウト
house-25
house-25
dwarf
他の地域の中サイズのミッドセンチュリースタイルのおしゃれなキッチン (一体型シンク、オープンシェルフ、グレーのキャビネット、ステンレスカウンター、グレーのキッチンパネル、磁器タイルのキッチンパネル) の写真
唐崎の家
唐崎の家
ALTS DESIGN OFFICE (アルツ デザイン オフィス)
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなダイニングの写真
京都府宇治市明星町
京都府宇治市明星町
角写真事務所
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなキッチン (シングルシンク、フラットパネル扉のキャビネット、濃色木目調キャビネット、無垢フローリング、茶色い床) の写真
中庭のある3階建て二世帯住宅
中庭のある3階建て二世帯住宅
株式会社中野工務店
1階親世帯LDK
東京23区のミッドセンチュリースタイルのおしゃれな廊下 (マルチカラーの壁、濃色無垢フローリング、茶色い床) の写真
友人を招きたくなるナチュラルモダンの家
友人を招きたくなるナチュラルモダンの家
株式会社イー住まい
友人を招きたくなるナチュラルモダンの家
京都のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなキッチンの写真
京都府宇治市明星町
京都府宇治市明星町
角写真事務所
他の地域のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなLDK (白い壁、無垢フローリング、茶色い床) の写真
KUME-HOUSE
KUME-HOUSE
N.concept建築計画
他の地域の小さいミッドセンチュリースタイルのおしゃれな独立型リビング (白い壁、合板フローリング、壁掛け型テレビ、黒い床) の写真
Case Study House #63 M House
Case Study House #63 M House
NASU CLUB
Case Study House #63 M House エントランスから見たリビング・ダイニング・キッチン。ミッドセンチュリーモダンスタイルでコーディネイトされたインテリア、アメリカン・ブラックチェリーを用いたオーダーメイドキッチン、ワイドプランクのオークフローリング、チークの壁等の豊かなディティールにより当時の空気感を再現しています。
港区の家
港区の家
ユナイテッドワークス一級建築士事務所
名古屋のミッドセンチュリースタイルのおしゃれなトイレ・洗面所の写真
デザイン性と機能性を兼ね備えたスタイル、ミッドセンチュリー。建築やインテリアに詳しくない人でも、きっとどこかで耳にしたことがあるはず。日本でも根強い人気を誇るスタイルの詳細を、まずは「ミッドセンチュリーって何?」というところから、紐解いていきましょう。

ミッドセンチュリーの時代背景


直訳すると「世紀の半ば」という意味のあるミッドセンチュリー。デザイン史においてミッドセンチュリーとは、1950年を中心に主にアメリカの近代主義から生まれたデザインコンセプトで、一般的には1940~1960年代に作られたデザインを指します。モダニズムの中核として多大なる影響力を誇ったドイツのデザイン学校「バウハウス」が、ヒトラーにより頽廃的と弾圧されたため、デザイナーとしても有能であった講師陣がアメリカへの亡命を余儀なくされ、その流れでデザインの本拠地がアメリカへと移動しました。

ミッドセンチュリースタイルの特徴


第二次世界大戦中、軍事用に新しい技術や材料が開発されたことや、工業化の発達により大量生産が可能になったことを受け、成形合板やプラスチックなど新しい素材を取り入れた、ポップで斬新なインテリアが数多く作り出されました。円形や直線を前面に打ち出したシンプルで合理的なデザインと、カラフルで大胆な色使いは、新しいのに懐かしい「レトロフューチャー」な雰囲気を演出します。

ミッドセンチュリースタイルのデザイナー


「ミッドセンチュリースタイル」を代表するデザイナーと言えば「チャールズ&レイ・イームズ」と「ジョージ・ネルソン」でしょう。また、コーヒーテーブルでその名を知らしめた日系アメリカ人「イサム・ノグチ」も有名なデザイナーの1人です。さらに、「スワンチェア」の作者である、北欧(デンマーク)出身の「アルネ・ヤコブセン」や、同じくデンマーク出身の「ウィッシュボーンチェア」の作者「ハンス・J・ウェグナー」も、ミッドセンチュリーを彩るデザイナーです。