モダンスタイルの家の画像・アイデア

    「モダンスタイル」と聞くと、時代の先端を行く斬新なデザインをイメージされる方も多いのではないでしょうか? 確かに「モダン(modern)」には「近代的」「現代的」という意味がありますが、建築やインテリアにおけるモダンスタイルデザインは、イギリスで起きた産業革命から始まり20世紀の工業化に伴い発展した「『近代』という時代性にいかにデザインを調和させるか?」というテーマから生まれました。

    モダニズムの象徴といわれるのが「バウハウス」。1919年、ドイツ・ワイマールに設立されたバウハウスは、工業デザイン、グラフィック・アート、舞台装飾などを含む「美術」と「工芸」を統合した、総合造形学校とも呼べる教育機関です。

    バウハウスの理念は、絵画や彫刻に哲学的意味を見出し、特別なものとして位置づけたルネサンスの流れに反発し、華美な装飾を排し、芸術性と技術性、機能性の調和を追求するものでした。飾り立てることなくスッキリとしていながら、見た目に美しく、使いやすいモダンスタイルデザインは、バウハウスが発祥と言えます。

    モダンスタイルインテリアの特徴


    モダンスタイルインテリアには、ガラス、金属、プラスチックなどの無機質な素材が使われます。天然木や目の詰まったテキスタイル、皮革に、ステンレスなど冷たい光を反射する素材を組み合わせ表現したコントラストも、モダンスタイルインテリアの特徴です。

    無駄な装飾を取り除き、シンプルですっきりとしたラインにまとめると、合理的で使いやすく、快適な空間に仕上げることができます。ソファなどは、どっしりとした重圧でボリューム感のあるものを選ぶとよいでしょう。

    白、黒、グレーといったモノトーンの色調を基本とし、その中にビビットな色をアクセントカラーとして使うと、モダンスタイルインテリアらしく仕上げることができます。最近では「和モダンスタイル」「シンプルモダンスタイル」「北欧モダンスタイル」などといった、プラスアルファを加えたモダンスタイルにも人気が集まっています。