コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

縁側tの起源は平安時代の神殿造り建築から取り入れられていると思います。


その寝殿造りの建物の中で、主人の住居を寝殿と言い、寝殿は中心にある母屋と周りの廂の間に分かれております。
母屋は壁と襖障子に囲われて、外から謝絶された個室となっています。
その周り四方をぐるっと囲んでいるのが廂の間です。
廂の間は、蔀戸(しとみど)という格子戸で囲われており、半分外のような感覚です。
縁側の造形そのモノの利用方の原型が廂の間にうかがい知ることが出来ます。

   

おすすめの記事

建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む
その他のスペースの記事 土間は万能空間
文/Naoko Endo
日本の伝統的な住まいでは、「土間」は玄関、炊事場、裏口、通路など、さまざまな空間で利用されてきました。その使い勝手のよさから、最近は一戸建て、マンションを問わず、新しい形で活用されています。現代の住まいに取り入れられた事例から、「土間」の万能性を改めてとらえ直します。
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 建築家の谷尻誠さんが考える「人と人との化学反応が生まれるキッチン」とは?
「常に新しい概念を探しながら建築を設計している」という建築家の谷尻誠さんは、キッチン、リビング、ダイニングといった空間の区別やヒエラルキーがないほうが、コミュニケーションの生まれる空間になる、と考えています。
続きを読む
日本 Houzzツアー:150年を経た民家を生まれ変わらせるリノベーション「湯沢の住宅」
文/Tetsu Takeba
永く家族を育んできた民家に、現代的な性能と意匠を与えて蘇らせる再生手法をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:イームズ邸
文/John Hill
イームズ夫妻の自邸兼アトリエは、カラフルで活気あふれるスタイルで、モダニズムのステレオタイプを打ち破りました。20世紀で最も重要なデザイナー夫妻の個性をあますところなく表現した住宅をご紹介します。
続きを読む
部屋別 日本のお風呂のすばらしさとは?
文/Ramona Flume
キーワードは自然、ミニマリズム、くつろぎ。Houzzアメリカのコントリビューターが日本式のお風呂の魅力について考察します。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
建築・デザイン 日本の伝統的住宅の12の基本的な特徴とは?
日本で育ち、現在はロサンゼルスで暮らすアメリカ人ライターが、日本の伝統的住宅の基本的な特徴である12のポイントを解説します。あらためてなるほど、と思うこともあるかもしれません!
続きを読む