コメント

おすすめの記事

建築・デザイン 世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性
茶道とともに成立し500年にわたり発展してきた茶室。茶聖・千利休が伝統建築を革新して生まれた茶室は、今も「利休の精神」により革新され続け、新しい表現を生み出し続けている建築形式です。
続きを読む
「枯山水」入門。その成り立ち、鑑賞ポイントとは?
文/藤山佳織
日本が世界に誇る庭の様式「枯山水」。その成り立ちや鑑賞ポイントをご紹介します。
続きを読む
ライフスタイル 暑い夏を涼しく過ごす、暮らしの工夫
エアコンなど、空調設備がなかった時代の人々が、日本の暑い夏を快適にするために行っていた暮らしの工夫。みなさんも実践してみませんか?
続きを読む
建築・デザイン 知っているようで知らない、畳と和室の文化
近年、海外の方が、来日したら寝転がってみたい! という和室の畳。自宅に和室や床の間があるだけで、家自体がピンッと引き締まる気がしませんか?
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
庭づくり・植物 「庭園もまた一幅の絵画である」。足立美術館の庭園の魅力とは?
文/藤山佳織
アメリカの日本庭園専門誌のランキングで14年連続1位を獲得している庭園、島根県安来市の「足立美術館」。どの季節に行っても美しいというその魅力に迫ります。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
日本 Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト
文/Miki Anzai
築100年の京町家を左官職人出身の建築家が再建し、日本文学研究者のセカンドハウスに。新旧の素材を組み合わせ、建物の歴史を浮かび上がらせた美しい家。
続きを読む
建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む