コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
ran koma

「玄関に一脚の椅子」はいいですね。靴を履いたり、靴紐を結ぶのに程よい高さを選びたいです。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

ニュース 欧州デザイナー8名が語ったデザイントレンド【ミラノサローネ2022】
イタリア・ミラノで開催された家具デザインの見本市で、欧州のデザイナーに最新トレンドについてお話を伺いました。
続きを読む
トレンド 現代家具とデザインの最新情報。NYの見本市から解くトレンド
ニューヨークで開催された2つの見本市をHouzz米国編集部が取材。2022年の主要テーマは、持続可能性、ウェルネス、革新性、伝統工芸でした。
続きを読む
専門家とのやりとり 狭くても賃貸でもOK ! インテリアコーディネーターと理想のお部屋づくりを始めよう
「理想の暮らしと現実が違う」「思うような部屋にならない」。お部屋に対して、こんなモヤモヤを抱えていませんか?諦める前に、インテリアコーディネーターに相談してみてください!
続きを読む
名作デザイン 人気の名作家具アルコランプの取り入れ方と注意点
大型フロアライトとして人気再燃中のアルコランプ。上手に取り入れることで、空間をよりおしゃれに、自由に演出することができますよ。
続きを読む
トレンド 海外に学ぶ、壁に華やかな花柄のタイルや壁紙を取り入れる15のアイデア
欧米で人気上昇中の花柄の壁仕上げ。住まいのさまざまなシーンで使われています。
続きを読む
コーディネート・スタイリング 新築やリノベーションでインテリアデザイナーを雇うべき理由とは?
文/Jo Simmons
センスのいいインテリアデザイナーを雇えば、プロのセンスを活かした家づくりやリフォーム・リノベーションが実践できるだけでなく、結果としてクライアント側のストレスや時間の負担が減り、コストの削減にもつながります。
続きを読む
コーディネート・スタイリング 本棚を素敵にディスプレイする8つの方法
大切な本を美しく飾ってあげませんか? 置き方次第でおしゃれに見せることができる、本棚の活用術をご紹介します。
続きを読む
暮らしのヒント テレビのあり方を考えよう。テレビを主役にしないインテリアのススメ
「かっこいいリビングには大きなテレビが必要」と思い込んでいませんか? ライフスタイルが変化している今、テレビのあり方やリビングでの過ごし方について考えてみましょう。
続きを読む
専門家とのやりとり プロに頼んだ方が「お得」なことも。インテリアコーディネートっていくらかかるの?
文/藤間紗花
インテリアコーディネーターに依頼するメリットって? 費用はどのくらいかかるの? 4人のコーディネーターが詳しくお答えします。
続きを読む
ペット 犬を飼い始めると、インテリアと暮らしが変わる?
文/Jo Simmons
犬を飼ったことのあることがある人だけが知っている、「犬の飼い主あるある」集!
続きを読む