katzden_architec

階段はどこに置いた方がいい?

はじめまして。

階段をメイン商品とする金属加工メーカーのカツデンアーキテックの坂田光穂と申します。


新型コロナウイルスによって、皆さま大変な状況であると思います。

外に出ずに、室内で過ごす時間が多くなってきた今だからこそ、改めて「我が家」の環境について考えるときなのかなと思いまして投稿させていただきます。


当社では写真のようなスチール製のシースルー階段を作っています。

家族が集まる空間にするための階段 · 詳細


スチール製だからこそ、「細さ」と「強度」を両立したデザインを実現でき、形状のバリエーションを幅広く持つことができます。

また、シースルー階段という、蹴込み各段の奥側が抜けている形のものだからこそ、「採光性」や「通風性」に優れた広々とした空間を作ることができます。



ここで皆さまにアンケートを取らせてください。

こういった階段を設置する場所は、家の中のどこが良いと思いますか



まず1つ目が【リビング】です。

家族が長く過ごす場所だからこそ、「開放感」や「通風性」を得られる階段を設置するのが良いだろうという考え方です。

また、家族間のコミュニケーションを密にするため、リビングを必ず通って2階に上がるような動線を設けるという意図もあります。

無垢の梁/柱とスチール階段がマッチしたナチュラルな空間 · 詳細



2つ目に【玄関】です。

家に入った瞬間に広々とした空間を見せることで、気持ちの良い印象を持たせることができます。

また、吹抜けがあることによって空気がこもりにくいので、玄関特有の匂いが少なくなったり、日中は明るくて出入りしやすい場所になります。

玄関階段をリノベーションして広々とした空間に · 詳細



3つ目は【廊下】です。

玄関を入ってすぐだと、間取り的にも制限されてしまいますが、廊下であれば比較的融通がききやすいという話を聞きます。

主に、2階にLDKを設置する場合などに設置されやすいです。

通常は暗くなりがちな廊下ですが、壁側に窓があれば、明るい吹抜けを作ることが可能です。

光がたっぷりはいる玄関『ObjeA オープン』 · 詳細



たかが階段と思われがちですが、階段を設置する位置によって空間の利用の仕方や家族の形も見えてくるもの。

皆さんの理想とする家の階段はどこに欲しいですか


ご意見をいただけると嬉しく思います。

リビング
玄関
廊下

コメント (2)