ki_no_ie

「鎌ケ谷の家D」(平屋)オープンハウス開催のお知らせ

千葉県鎌ケ谷市で工事中の平屋「鎌ケ谷の家D」のオープンハウスを開催いたします。


開催日時

9月21日(土)

13:00~17:00


参加お申込みは

こちらのフォーム

に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

追って、ご案内資料を郵送致します。


「鎌ケ谷の家D」概要


構造規模   :木造平屋建て

敷地面積   :245.71㎡(74.23坪)
建築面積   :108.94㎡(32.91坪)
住宅部分床面積: 73.42㎡(22.18坪)
ガレージ床面積: 28.35㎡( 8.56坪)
延べ面積   :101.77㎡(30.74坪)


内部は屋根の構造をあらわしにして木の家の雰囲気を感じられる
つくりになっています。壁は全て漆喰塗りで太陽光を柔らかな光に
変えると同時に、空気に質を高めています。
製作されたキッチンは、建て主さんのご要望を取り入れ、
無駄を省いた機能的な美しさをもったつくりになっています。
屋根勾配なりに低くなったソファスペースは、小さく囲われ
落ち着いた空間になっています。天井が高く、大きな窓のある
開放的なスペースとのコントラストがつき、双方の相乗効果によって
それぞれの空間が居心地の良さを感じることができるようになっています(と思います)。


リビングに設けた大きな窓は、木製の引込戸で、全て壁の中に収納され
開放的な空間をつくるとともに、室内と庭をつなげる役割を果たしています。
庭と室内の間にデッキ(縁側)を設けて、より庭との関係を強めています。
庭は自然石をランダムに敷き、しっとりとしながら野趣のある庭になる予定です。
(オープンハウスの際に庭は完成している予定です)


大きな窓をつくるときに、外からの視線が問題になりますが
「鎌ケ谷の家D」では、板塀によって外部からの視線をかわすようになっています。
平屋の場合、近隣の2階からの視線も気になりますが、
上からの視線は、深い軒によって止められます。
こうして、開放感と安心感・落ち着き感をつくり出しています。


寝室は、夏場、できるだけエアコンに頼ることなく就寝したいという
建て主さんからの希望もあって、風を通すことが出来る雨戸を設け、
脱衣室の壁に開口をつくり、風を通す「風の道」をつくっています。
現場に行くたびに、この「風の道」での風の抜けを感じました。
来年の夏場に、この「風の道」が活躍してくれることを期待しています。


居心地の良い空間にするために、工夫を凝らした住宅になったと思います。
ぜひ皆様に空間体験をしていただけたらと思います。


オープンハスについて

こちらのblog

にも画像入りで記載しておりますので

ぜひご覧ください。


コメント