一級建築士事務所 感共ラボの森さんの写真

一級建築士事務所 感共ラボの森

レビューを書く
神奈川県川崎市
一級建築士事務所 感共ラボの森
「住環境性能を計算で確認しないということは、住環境に責任を持たないということと同じだ」 住宅で最も大切な事、それは住人の精神的な満足感であると考えます。そして満足感を決定づける最大の要素は快適な住環境や心地よさです。視覚的・造形的に豊かな空間でも、住環境性能をないがしろにしては優れた住宅とは言えません。CO2排出量削減の観点からも、エネルギー消費量を削減させながら住環境性能を向上させ、その上に機能的なプランや豊かな造形空間を実現させるべきです。それこそが21世紀の住宅の新基準、本道であると考えます。 僕は設計段階で住環境性能を具体的数値で試算し、設計中のプランへフィードバックさせることで平断面プランや造形デザイン決定しています。このような設計手法を取り入れている理由は、住人の住み心地・気持ちよさを大切に考えているからです。多くの設計事務所は耐震性能を計算で確認していますが、住環境性能を計算で確認している設計事務所はほとんどありません。これは住環境性能に責任を持たないということと同じです。乗用車の選定で走行性能・燃費・内外デザイン・シートレイアウトなどを総合的に判断して購入するように、住宅では住環境性能や居住時の光熱費を定量的に確認すべきです。 僕は敷地特性を生かした住宅、自然エネルギーを有効活用した自然派住宅をつくりたいと考えています。住環境性能の定量的把握はそのための一つの手段であり目的ではありません。平断面プラン、造形デザイン、住環境性能の3者をともに高め優れたデザインへ昇華させることは住宅デザインの本質であると考えます。ハウスメーカーでは実現できない、設計事務所でしか実現できない「快適健康環境+Design」住宅を目指しています。 まずは、森建設設計があなたに合った建築事務所かどうか、相性を診断してみましょう! →相性診断スタート http://moriken.p1.bindsite.jp/compatibility/start.html
受賞歴:

神奈川建築コンクール 住宅部門優秀賞