1. 寝室

グレーの寝室の画像

寝室の模様替えをお考えですか?質の高い睡眠を確保するために、寝室はリラックスできる色調やインテリアでまとめたいですね。ここではグレーを取り入れた寝室づくりのポイントをご紹介します。世界のおしゃれな寝室の画像から、グレーを活かした寝室のインテリアやレイアウトアイデアを見つけてください。

寝室へのグレーの取り入れ方

寝室はプライベートな部屋。ぐっすり眠って快適に目覚めることが第一目的の寝室では、何よりもリラックスできる空間づくりを心がけたいものです。インテリアカラーとしてのグレーは、どんな色とも馴染みがよく、落ち着いた空間を作ることができ、寝室にも向いています。黒と白の中間であり、曖昧でぼんやりした色と捉えられがちですが、微妙な色の違いにより、豊かなバリエーションがあります。チャコールグレー、ダークグレー、ライトグレーなど、色の濃淡はもちろん、青みがかったブルーグレーではクールな印象が増し、赤や黄みを帯びた温かみのあるグレーでは彩度が増します。ベージュの入ったグレージュを寝室に使うと、どんな色の家具も調和する空間になります。

寝室の基調をグレーとし、アクセントカラーやアクセントウォール使うと、メリハリのある部屋ができます。シルキーなグレーは、シックで落ち着いた雰囲気があり、、フェミニンにもマニッシュにも演出できます。壁やクロスにグレーを用いる場合でも、4面すべての壁に同じ色を使わず、寝室の壁の一面だけペイントしたり、クロスを貼れば、重い感じにはなりません。ストライプやダマスク柄など壁紙やクロスを使うメリットは、柄やテクスチャのある壁を演出できることでしょう。グレーを取り入れる箇所は、壁面に限りません。カーテンやブラインド、ベッドに置くクッションなどにグレーのグラデーションを取り入れても、おしゃれな寝室ができあがります。

ベッドやナイトテーブル、タンスなどの家具、ベッドリネンやクッション、フローリングやエリアラグなどにグレーを取り入れて、シックなグレーの寝室を作ることもできます。グレーの壁には、ビビッドな色をつかったお気に入りのアートを飾るのもいいですね。

寝室におすすめのグレーは?

リラックスできる寝室にするには、淡いトーンのライトグレーがおすすめです。他の色とも合わせやすく、家具や小物をつかったアレンジもしやすい部屋になります。青色もリラックス効果を高める色なので、ブルーがかったグレーのペイントやクロスを取り入れても。ダークグレーなどの濃い色は、夜空を思わせる落ち着いたイメージもありますが、壁の全面に使うと部屋が狭く感じられる場合もあります。壁に濃いグレーを使いたい場合は、寝室を入って正面の壁や、ベッドの背面の壁に色を足してアクセントウォールとして使うと空間が引き締まります。ヘッドボード側の壁なら、朝起きてすぐに暗い色が目に入ることもありません。

寝室でグレーと組み合わせて使いたいカラー

グレーは白と組み合わせることで、空間をスッキリ見せる効果があります。寝室の窓枠やドア、天井のモールディングなどに白を使うことで、部屋が引き締まって見えることでしょう。壁と天井にトーンの異なるグレーを使って、モールディングを白で分けるとモダンな寝室となります。

寝室には、グレーと木目調のブラウンの組み合わせもおすすめです。壁の色や素材の色以外にも、落ち着いた花柄、ストライプ、ダマスク柄や木目調のアクセントクロスなどを使った事例画像も参考にして、お気に入りの寝室アイデアを探してみてください。

グレーはどんな色とも馴染むので、組み合わせる色によって雰囲気の異なる寝室を作ることができます。ブルーやネイビーを組み合わせるとシックでクールな雰囲気、イエローやゴールドは、温かみやゴージャス感をプラス、ダークブラウンを組み合わせるとホテルライクな洗練されたベッドルームになり、グリーン系の色を加えるとナチュラル感が増します。


グレーの寝室 のリフォームや模様替えをお考えの場合でも、新築でおしゃれな寝室を作る場合でも、Houzz がアイデア探しのお手伝いをします。Houzz には Class S interior design(住吉さやか) や アウラ建築設計事務所 といった日本国内の優れた建築家、インテリアデザイナー、工務店、リノベーション会社などから寄せられた79,676枚の家や部屋の写真があります。色別やスタイル別で寝室の画像を見て、気になるグレーの寝室 の間取りやレイアウトがあれば、アイデアブックへ保存したり、その写真の住宅を手がけた専門家にご自分の理想のグレーの寝室 のデザインや間取りについて相談してみましょう。 日本や海外のおしゃれなグレーの寝室 の実例がいっぱいの Houzz を、あなたの家のリノベーションやリフォームのアイデア集めに是非お役立てください。