コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
(有)田中機販

素敵なアドバイスですね。庇の出っ張りが少ない今の住宅は外壁が風雨にさらされて昨今の気象変動で外壁は過酷な環境です。凸凹の大い壁は湿気・カビ・苔・河川の側なら藻が付着します。庇を出せるなら1.5mは出したいですね。窓周辺の耐久性もUPしますね。シリコンコーキング材も8~10年では交換したいですね。お薦めは変性シリコンがいいですね。黙ってい業者に任せると耐久性・塗膜のノリが悪いコーキング材を使われますから注意ですね。外壁仕上げ材も一工夫して引き渡し後自分なりの新しい塗材を再施工してもいいのでは?建設会社と打ち合わせして新材料で外壁を仕上げるのが理想ですが。どうでしょうか?従来通りの塗材で完成させるか?いやいや、新しい塗材に変えるだけで耐久年数がUPしたらどうでしょうか。


家も車の様に、これからは考え方変えていいんじゃないでしょうか?

新車を購入してガラスコーティングして納車した車とそうでない場合維持管理考えたらどうでしょうか?家も同じですね。エントランス周りも人手間かけて維持管理しやすくしていく新しい材料が有るんじゃないかな?コンクリートの壁も駐車場も仕上げは素地のままです。最悪は引き渡しの時にコンクリートを酸洗いしてコンクリートを痛めて引き渡しと言うのが全てです。引き渡し時にコンクリートは中性化をさせてから引き渡されています。これが業界の悪しき習慣です。考えませんか?

「いいね!」 5 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
天工舎一級建築士事務所

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。安いことが悪くて、高いことが良いと思っているわけではありませんが、なにもかもを安くすることが最優先という考え方には疑問を感じています。また一度建ててしまった家を、自分で手入れする習慣が無くなってしまった、あるいは少なくなってしまったことも残念に思っています。昔は何処の家にも、それなりの工具があり、お父さんが棚を造ってみたり、塀のペンキを塗ったりしていたというイメージがあります。ですが今は少し違う感じになっています。外壁だけにこだわりませんが、出来ればもう少しだけ、自分の家を自分でケアすることも必要かもしれませんね。RCの外壁に関しても、少し勉強してみたいと思います。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

家づくりのヒント 建築家に聞く、心地よいバリアフリー住宅をつくるヒント
家族や自分が車椅子を使う暮らしになった時、家づくりはどう考えていけばいい?住み心地を大切に考える建築家2人に聞きました。
続きを読む
書斎・ホームオフィスの記事 自然を取り入れ、気分があがるホームオフィスをつくろう
文/Kate Burt
ワークスペースに自然を取り入れ、快適な仕事時間を過ごしてみませんか?
続きを読む
窓まわり 出窓を活かしたインテリアで、暮らしに豊かさをプラスしよう
出窓があると、お部屋が広く明るく感じられますね。出窓を素敵に活かすためのアイデアをみていきましょう。
続きを読む
家づくりのヒント 大切なのは無理のない資金計画!注文住宅にかかる費用の内訳を知ろう
文/安井俊夫
家づくりに必要な費用には、どんなものがあるのでしょうか。必要になる金額やタイミングの目安を知り、家が建った後も上手にやりくりできるよう計画しましょう。
続きを読む
インテリア こだわりの和モダンインテリアをつくるヒント
日本の住まいに馴染み、永く世代を問わず愛される「和モダン」なインテリア。家づくりの早い段階から完成形を意識することで、こだわりの空間が出来上がります。
続きを読む
インテリア 片付かない部屋でも褒めていい!子供部屋をつくる時に知っておきたいこと
子供が成長すると、子供部屋をつくるタイミングがきます。初めての自分の部屋は、すっきりと使ってほしいですよね。今回は個室を与える時に、気をつけておきたいことをご説明します。
続きを読む
窓まわり 風を呼び込む家、風を感じられる涼しげな家のつくり方
文/安井俊夫
風通しをよくすることで、なるべくエアコンに頼らなくても暮らせる家のつくり方をご紹介します。
続きを読む
玄関の記事 帰宅後すぐに手洗い!玄関につくる洗面コーナーのアイデア
手洗い意識の高まりを受け、玄関にも洗面台を設ける家づくりが注目を集めています。どんなデザインや取り入れ方ができそうか、Houzzの事例写真からアイデアをみてみましょう。
続きを読む
写真特集 ほっと落ち着く畳コーナー。小上がり和室のある11の住まい
人気の高い小上がりの畳スペース。Houzzで見つけた事例を手がけた専門家たちに、工夫したポイントや留意点を聞きました。
続きを読む
エクステリア 内と外の中間領域、縁側
文/安井俊夫
気候のよい時期は、縁側でのんびりしたいと考えている方もいるかもしれませんね。縁側を取り入れたいと思ったら、知っておきたいことをご紹介します。
続きを読む