webuser_717749390

間取りについての相談

親の持ち家をリフォームしたいと考えております。間取りはこのような形ですが、夫婦2人+子供2人(まだ小さいです)が暮らすのに、不便な箇所、改善すべき場所などはありますでしょうか。
自分たちは今現在賃貸であること、現在ほかの方が住んでおり内装を見ることが出来ないことから、いまいち想像がつきません。屈託のないご意見を聞きたいと思います。

コメント (5)

  • PRO
    アース・アーキテクツ一級建築士事務所

    こんにちは。気になるのは玄関によって建物が2分されていて、プライベートスペースとプブリックスペースに分かれている事でしょうか。20~30年前はこのようなプランが一般的でしたが、1階の和室をリビングと一体とするようなプランにしたいですね、ただ耐力壁の関係で難しいかもしれませんね。

    またお風呂が狭いように思います。出来れば現在のお風呂の後ろに、新しくお風呂を増築して現在のお風呂の部分は脱衣室兼洗面にして、今ある洗面はパントリーにするといいと思います。

    2階の室は耐震上、床下地からやり替えて「剛床」にしたいですね。「剛床」はネットで調べてみて下さい。

    予算がある事ですから、少しずつ行ったら如何でしょう。

  • PRO
    おうちデザイン研究所

    こんにちは。暮らしから生活を考えた収納を得意としています。負担なく家事や片付けがしやすいをもとに考えてプランをご提案をさせていただいています。


    ざっくりとしたプラン中心のアドバイスになりますが、参考になれば幸いです。

    お子さんがお二人小さいとのこと。お子さんの年齢やご夫婦の生活スタイル、ご予算的どこまでできるか・・・にもよりますが、現在の間取りをいかしつつ、お子さんがまだ特に個室を必要としない場合は2Fを寝室にした使い方でしばらくはよろしいかと思います。(使わなくで済む場合もあるかと思いますが、生活として2Fを使うようにする方が良いかと…。)


    優先させるとしたら、現時点リフォームは1F中心でよろしいかと思います。現在、共働きですか?賃貸にお住まいとのことなので、平面の生活に慣れていらっしゃると思います。おすすめとしては子育てもありますので、家事を考えてのプランがおすすめです。


    現在の家族構成でいけば、1Fの和室を将来のご夫婦の寝室とし、しばらくは客間やお子さんのお友達が来た時に遊ばせる部屋でもよろしいかと思います。


    リフォームは内装と水回り。浴室をもう少し広くし、キッチン裏の部分はパントリ―スペースを設け、脱衣場は寝室側にスペースを設け、1F寝室はご家族の衣類などの収納部屋とランドリースペースを設けて、外に干したいときに干せるようにデッキスペースを設けるなどいかがでしょうか?


    衣類の収納部屋とランドリースペースを隣接させると『脱衣場⇒洗う⇒干す⇒しまう』の流れが出来、家事動線がラクになります。また脱衣室が多少狭くてもたとえばお風呂に入る時にバスタオルや下着、パジャマなども衣類の収納部屋にあると、着替えもラクですし、そのまま2Fの寝室に上がって寝るといったこともスムーズです。


    構造上水回りの大幅な異動が可能な場合は、玄関から直接リビングに入るプランや1Fだけで生活が充分という場合は2Fまたは1F玄関で別けて半分を賃貸にして家賃収入を得るなどのプランも良いかと思います。(※立地や地域によります。)

    ご自分たちがどのように生活をするか?現在の生活スタイル、家事スタイルなどを考えて設計や建築家の方とご相談されるとよろしいかと思います。


  • PRO
    R&i design

    こんにちは。

    小さいお子様がいらっしゃっるとのことですので、子育て中心の間取りが良いのではないかと思います。

    一番気になるのは、キッチンに奥様がいらっしゃる時に、お子様が階段廻りで遊んだりした際に、危険になるという想定ができます。木造在来工法のお住まいなら、ご予算もありますが、間取り変更の自由度は高いと思います。

    ただ、間取りの変更には、平面図のみでは詳細のコメントが難しいような気がします。情報が少ないかもしれません。

    浴室を広くするにしても(増築)、戸建ての場合には、建ペイ率や容積率を調べます。現在の建物の状況を知らずして多くは語れないからです。

    建物の状況は内装より、まずは、外部の状況(外壁材、屋根材、経年劣化の状況、窓、床下の状況、排水枡の位置など)が実際には必要になります。まだ、その段階までではないようでしたら、こちらのhouzzから、アイデイアブックに情報や、写真を収集することから始められても良いと思います。

    ご家族が、楽しく安全に快適に暮らせるお住まいのリフォ-ムができますように。

  • PRO
    アイプランニング

    お疲れ様です。


    早速ですが、ざっくり考えてみました事を書かせて頂きます。



    先ずは、築何年の建物なのでしょうか?


    それによっては、耐震のリフォームも必要になります。



    ■1階


    水廻りは、出来れば全てリフォームしたいところですね。


    まず、洗面と浴室は、奥行きが1間ありませんので、規格サイズが小さいものしか入りません。


    ですので、ここは思い切って、キッチン用のパントリーと、玄関から入れる、何でも放り込める、大きめの納戸にしてみては如何でしょうか?



    次に、LDKの配置は、とても良い感じの配置ですので、このままで使いたいと思います。


    キッチンは、構造壁を上手く残しながら、オープンなキッチンで検討します。



    リビングとダイニングは、大幅な改造をしない分、内装仕上げに少しコストをかけて、素敵なものにしたいです。


    奥の洋室は、主寝室にリフォームします。

    元々広い部屋ですので、WICをしっかり取りながら、上手くリフォームします。


    その脇のトイレは、隣の物入れと合体して広くし、しっかりした洗面カウンターを持つ、ゆったりとしたトイレをイメージしています。


    さて1階最後の部屋である和室です。

    ここは大幅に改装し、浴室と、小さめのゲストルームにします。

    浴室の外には坪庭を作りたいですね。


    ■2階

    下の二部屋を子様達の部屋とします。

    右上の納戸は解体して、ご家族皆様のワークスペースにします。


    これで、収納充実、コストパフォーマンスの良い、かけるところにはコストをかけた、リノベーションが出来るのではと思います。



    ざっとそんなところでしょうか。

    参考にして下さい。

  • ヤマダユリカ

    こんばんは。ご両親さまの所有なさる貸家をリフォームなさってお住まいになるのですね。素敵なことですね。

    >現在ほかの方が住んでおり

    いつご覧になれるのでしょう?数日前から気になっていました。いずれご退去されたら、お写真などもあると、もっと沢山のプロの方からのアドバイスコメントがもらえる気がします。

    >不便な箇所、改善すべき場所

    よく見ると、キッチンは「対面キッチン」ではなく壁面で隔てられた「閉鎖的なキッチン」のようですね。(ご両親にお聞きになればすぐにわかることですね)小さなお子様に目が行き届くことを第一に考えたら、キッチン正面は「柱は抜かずに壁だけを抜く」方法をご相談されたら良いかもしれないと想いました。

    また、古そうな図面(右下の計算が手書の点や図面の色やお家の作りでお2階床面積が小さいことなどが少し昔風に感じました)の割に、現代にも通じるところが結構あって、とても良さそうなお家です!特に良い点は3つ。お2階にお手洗い(水道管と下水管)が来ている点と、家事動線が回れるよう作られているという利便性と、1階は北側に収納、南側に大窓という冬の寒さ対策がなされている点です。(お2階、北の窓も通気性を考えると大切です)

    とはいえ、急務なことは「壊れている場所の修繕」です。たとえば、もしも外壁に極薄くてもクラックが入っていたらそこから雨水が入り、将来シロアリが不安になってくるので、その場合は何を後回しにしても「まずはそのクラックを塞いでおくこと」になります。上記のコメントでプロの方から何人か「水回り」の変更のご提案があったのもおそらく水回りからお家が劣化していくことをご考慮されてのこと(衛生面もあるかもしれません)かと推察いたします。

    よろしければ屋根や外壁や床下など、一通りプロの方に「最初に修理の必要な箇所」のチェックをして貰ってくださいね。ご面倒でもできれば一緒に観て、説明を受けながら回ると色々な点で良いです。遡ってそのご依頼についてですが、私はお値段や得意分野の違う業者さんが多いことから「オープン(各業者さんに予めお話しておく)な相見積(あいみつもり)」をいつもお勧めしています。(後から利益が乗ってくるからでしょうか)「無料診断します」というところもあれば、耐震性などに関しての信頼や実績があり詳細までしっかり観るし何より「診断こそが生業だから有料です」というところもあります。

    そして、もしも大規模なリフォームになるときは、お2階が乗っている部分は、1階とお部屋の「主要な壁と柱」がまっすぐそのまま乗っかっているほうが耐震性が高いです。LDKの上にお2階を作るのは耐震性を考えるとやめたほうが良いかもしれません。初めの段階で、この部分は梁や柱の部材などが1階建てのつもりで建てられているからです。まあ、プロの方なら何とかして計算して補強するなり、どんな夢のマイホームでも実現なさるのかもしれませんが、一応申しました。

    安全で暮らしやすいお家になると良いですね。