コメント

おすすめの記事

ニュース 一歩先のサステナビリティへ。北欧デザイン6つの最新トレンド
交流を促す曲線のあるデザイン、新旧の組み合わせ、グリーンウォッシュへの批判的見解など。コペンハーゲンの「3デイズ・オブ・デザイン」から6つのハイライトをお届けします。
続きを読む
建築 空間やデザインが私たちを魅了する理由とは?
空間やデザインに脳はどのように反応しているのか。「ニューロアーキテクチャー」という分野で認知神経科学者達が研究しています。
続きを読む
建築 自然と住まいをつなぐ、モダニズム建築の手法とは?
住まいとまわりの風景を、どのように融合させれば、より快適に暮らすことができるのでしょうか?
続きを読む
庭づくり カンディンスキーの絵画から着想した、円形のモダニズム庭園
文/Colin Flavin
ランドスケープアーキテクトであるロバート・ロイストンが最後に遺した庭が今年、公開されました。円が描かれた絵画からインスピレーションを得たそのデザインをご覧ください。
続きを読む
トレンド 見本市がなくても。欧州のブランドが発信する、2020年インテリアトレンド
新型コロナウイルスの影響で、欧州でのインテリア見本市は減ってしまいましたが、素晴らしいアイデアが発表され続けています。
続きを読む
トレンド 【メゾン・エ・オブジェ2020年9月展】デザイナー・オブ・ザ・イヤー受賞のフランクリン・アジに聞く
今年9月、バーチャル開催されるメゾン・エ・オブジェのデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた建築家、フランクリン・アジ。彼が描く、ヒューマンスケールの都市とは。
続きを読む
建築 魅惑のジャズが聴こえてきそう。ルイ・アームストロングの家をたずねて
文/Peter Fish
ジャズの王様が暮らしたニューヨーク・クイーンズにある家は、心地よさと幸せな空気があふれる場所でした。
続きを読む
ニュース ミラノサローネ代表に聞く、コロナ後の見本市のすがたとは?
2021年の見本市について、ミラノサローネ国際家具見本市の代表は「ミラノの街で開催されないサローネは、ありえない」と語りました。
続きを読む
建築 100年前のアメリカ。大富豪になった黒人女性が建てた邸宅
アメリカで初めて自分の力で大富豪になった女性、マダム・C.J.ウォーカーは、アフリカ系アメリカ人でした。彼女が若者たちを鼓舞するために建てた美しい邸宅は、今もニューヨークに建っています。
続きを読む
建築 コロナ以降の家はどうなる?3人の建築家が、いま思うこと
五十嵐淳さん、成瀬友梨さん、石上純也さん。3人の建築家に、アフターコロナの住まいについて、2020年5月の時点で感じていることを聞きました。
続きを読む