コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
Office K [オフィスK]

今からお家を建てる方にとても役立つ、素敵なアドバイスですね。

注文住宅は建て売りと違い、部材等を個々に選ぶが為に単価が高くなったりする事も多く、また選ぶ範囲が膨大で、お施主様が疲れてしまう事も良くあるようです。

私はマンションを除いて新築のインテリアコーディネートは殆どお請けする事はない(上記に書いたように、注文住宅は他と比較して金額が張る事もあり、プラスで社外のインテリアコーディネーターに依頼なさる余裕が少ない事があるかと思いますし、請ける側からしても、計画の最初からなら照明計画や動線を考えた上での間取りのアドバイス等、出来る事が多い事が却って仇になり、時間軸が長くなってしまう為、なかなか最初から最後までお付き合いをするのが難しいという事があります。)のですが、大がかりなリノベーションの時にはどうしても叶えたいものをお住まいの方に一つずつ(奥様に一つ、旦那様に一つ等)お伺いし、それを出来るだけ実現するようにしています。

これだけは譲れない、というものを実現出来れば、他をコストダウンの為に多少の譲歩をして戴いたとしても、その大事にしていらっしゃる所のお陰で心豊かに暮らせると感じる事が多い為です。

予算が潤沢にあれば別ですが、やはりそれぞれ上限があるかと思います。

折角の新しい暮らしの夢、少しでも満足出来る方が増えると良いなと思います。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
志田茂建築設計事務所

Office K 桑原さま
ありがとうございます。いろいろ情報がある時代だから、表面的で「自分の都合のいい情報」を選択していくようになります。ネットで買えるものとは違い、多くの人が現場で汗流し作り上げていくものですから「人との関わり」がとても重要です。ネットが一番省こうとするものが、家づくりでは一番重要なものです。そこを十分に理解しめんどくさがらず向き合って欲しいと思います。そうすれば、必然的に「後悔」は減っていくと思います。家づくりで後悔しない方法や視点はもっとたくさんあるかもしれませんが、注文住宅だけでなく、これから家づくりをする人に”「やってよかった」と思える家づくりの実現”するための参考になればうれしいです。

桑原さんも同じようお考えになり、実践されていて、「単に理想的な話ではない」という証明ですので、心強く感じます。

また、おっしゃるように、新築工事では別途にインテリアコーディネートを依頼するのは施主の予算的になかなか難しいですね。でも、プロの力を借りる事も「後悔しない」ために必要です。そうゆうふうに変わっていって欲しいですね。

====

請ける側からしても、計画の最初からなら照明計画や動線を考えた上での間取りのアドバイス等、出来る事が多い事が却って仇になり、時間軸が長くなってしまう為、なかなか最初から最後までお付き合いをするのが難しいという事があります。

====

逆に言うと、家の設計(監理)をする事が”どれだけ大変で、かつ、予算が掛るもの”という事!

お話し、ありがたいです!


いつもありがとうございます。



「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

日本 建主夫妻が設計した、自然体が心地よい町になじむ家
設計の仕事をしているだけあって、自邸の場所と、つくりにはこだわりたかったご夫妻。そんなふたりの心をとらえた心地よい町にある家とは?
続きを読む
小さな家をつくる時に知っておきたいこと
文/志田茂
小さな家で充実した暮らしを実現することは可能です。そのために知っておきたい心構えと、家づくりのテクニックをご紹介します。
続きを読む
暮らしのヒント 京町家や坪庭に学ぶ、夏を涼しく過ごすための工夫
文/藤山佳織
蒸し暑い京都の夏を快適に過ごす知恵がつまった京町家をお手本に、夏の暮らしを快適にしましょう!
続きを読む
アジア (日本以外) 車椅子にやさしい、障害物と角のない明るい住まい
公団住宅の一室が、ミニマルで明るい雰囲気の癒しの空間に変身。車椅子での移動も自由にできます。
続きを読む
植物 お手入れが楽な庭をつくるには?
文/藤山佳織
忙しいと、ついつい後回しになってしまう庭のお手入れ。育てやすい植物や、水まきのアイテムなど、お手入れを少しでも楽にするためのアイデアをご紹介します。
続きを読む
片付け 共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【キッチン編】
仕事をしながら子育てだけでなく、介護もする時代。家族が積極的に、ときには家事のプロも参加しやすい仕組みを取り入れましょう。
続きを読む
日本 都心の高台にたたずむ、眺めのいい一人暮らしの家
ケヤキの木の緑に癒される、まるで都会の隠れ家のような小さな家。そこは、余計なものはないけれど、これでなければならない、唯一無二の拠点でした。
続きを読む
インテリア 光と植物が心地よい、カラフルで自然体なムンバイの部屋
植物、光を取り込む素材、そして印象的なアート作品がこの家のデザインの決め手です。
続きを読む
家具 北欧・デンマークの家具から考える「名作デザイン」とは?
数多くの名作家具を生み出してきたデンマーク。「デザイン・ミュージアム・デンマーク」の館長と一緒に、デンマークの名作家具が持つ普遍性について考えてみましょう。
続きを読む