柿の木のある家

他の地域のコンテンポラリースタイルのおしゃれなリビング (白い壁、暖炉なし) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

nananohana
ななのはな(nananohana)さんがアイテムをとにかくモノを減らしたい。空間別モノの減らし方に追加しました 2019年3月6日

ダイニングはすっきりとダイニングの目的は、食事をとることです。快適な食事のために必要なモノ以外はいりません。それ以外は置かない工夫を。もしテーブルの上にいつも置いてあるリモコンや書類があるなら、近くの棚に移動するか、棚がないなら棚の設置やワゴンのような置くスペースを検討しましょう。

hbrackin
Heather BrackinさんがアイテムをこれだけやればOK! 春の大掃除、スプリングクリーニング10項目に追加しました 2018年3月4日

2. 晴れた日に窓を洗う汚れている窓では、光や外の景色が気持ちよく目に届かず、気分もすっきりしません。冬の間、寒くてやる気にならなかった窓洗いを春になったらぜひ実行しましょう。これから活躍する頻度が増える網戸にも意外と見えない花粉や汚れがついているので、すっきり落としておきましょう。サッシのパッキン部分などは冬の結露によりカビが増殖しやすい場所です。年末の大掃除からすでに3〜4ヶ月、もう一度掃除するにはとてもよいタイミングです。

taeko_ishii
石井妙子さんがアイテムをインテリアの一部として考える、窓のデザインの選び方に追加しました 2016年4月21日

引き込み窓で内と外をオープンにつなぐ日本で最も多い横引き窓は、開閉スペースを節約でき、ガラス面を広くとれるので、窓を大きくしたい場合にも有効です。一般的に多いのが2枚のサッシのどちらも開けられる「引き違い窓」ですが、写真のように壁内にサッシを隠せる「引き込み窓」は、全開にすると室内外がオープンにつながって開放的な印象に。室内も、広く伸びやかに感じられます。日本ではアルミサッシが主流ですが、写真の住まいはインテリアに合わせて木製サッシを使用。木製サッシは断熱性が高く、住まいの使用エネルギーを下げてくれるので、ヨーロッパでは広く普及しています。

hbrackin
Heather Brackinさんがアイテムを春に行うメリットがたくさん! 今始めたいスプリングクリーニングに追加しました 2016年2月27日

窓まわりも今がチャンス冬の間はどうしても窓や網戸のお掃除はサボりがちで、窓もついつい汚れたままになっていたのではないでしょうか。暖かくなったら思い切って窓拭きに気合いを入れましょう! 窓ガラスだけではなく、外側の窓枠やサッシの溝のような細かい部分もこの機会に。冬から春先にかけては網戸にも汚れや花粉が結構つくので、今のうちに一気に落としてしまいましょう。

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
北方の家
amu
東村山の家
高林東町の家
マンションリノベーション FR
O3 HOUSE
書斎カウンター
edge
類似した色の写真
Living Room
Stone Harbor Cottage_104
Advanced Renovation Projects
Washington Street - 3
Friendsgiving
A-Line Designs, LLC
Great Room
Brooklyn apartment