WALLS
海外では、壁紙は昔から身近に親しまれてきたモノでした。 しかし、日本で一般的に壁紙が広がったのは経済成長期の時で、経済性や効率化といった側面を 優先してきた結果、壁紙はインテリアではなく建材の一部と考えられるようになりました。 そのため、低予算で貼れる白やベージュのビニール壁紙が主流となり、 ほとんど紹介される機会もありません。 海外では、多くのメーカーが多種多様なデザインの壁紙を作っています。 それは、壁紙が部屋を魅力的に彩るインテリアの一部として認識されていると同時に、 服を着替えたり、家具を変えたりするのと同じくらい、 壁紙を張り替える事が気軽な事だと多くの人に認識されているからです。 またデザインの豊富な輸入壁紙は、単に部屋を全部同じ壁紙で統一するだけではなく、 壁の一面だけを大胆なデザインや色彩の壁紙で彩る「アクセントウォール」や、 棚や小物などのインテリアに貼り楽しむこともできます。 WALLSは輸入壁紙を専門として施行する職人の集まりとして、 輸入壁紙の楽しみや可能性をもっともっと広げ、多くの方々に知っていただけるよう活動しています。
WALLSのプロジェクト (1)