京町家リノベーションの宿と住まい

大型の京町家をリノベーションして、3室だけのお宿とオーナーさんの住まいをつくりました。
大徳寺や船岡山に近い大宮鞍馬口のエリアにあり、その名も「chic machiya stay 布(NUNO)」。
古材の額縁で囲まれているのは解体してでてきた古い塗り壁をそのまま活かしています。補修跡が抽象画のよう。

京都の中くらいのカントリー風おしゃれな客用寝室 (ベージュの壁、淡色無垢フローリング) のレイアウト —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

uebihara
Yu Ebiharaさんがアイテムを京都の美しい住宅・インテリア16選に追加しました 2017年9月14日

京町家リノベーションの宿と住まい設計:クラフトサイエンス一級建築士事務所京町家の伝統的な雰囲気を残しつつ、ヴィンテージ感のある白い空間に仕立て、改修前の家で使われていた建具、古材、水屋箪笥、鉄骨トラスなどを意外な用途や場所で再利用した、発見する楽しさのあるデザインです。

Houzz 寄稿者のコメント:

anpiveag
Andrea VergaraさんがアイテムをCasa de Huespedesに追加しました 2017年7月15日

Combinación del cubrelecho - sabanas

類似した色の写真
Griffon
Mallard Run Bedroom
Confidentiel
Burt Residence
Storied Fenwick Home Restored
Classic Contemporary Master Suite
Chichester Bedroom
The Eaton