松福荘

他の地域の和風のおしゃれな裏庭のデッキ (オーニング・日よけ) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

houzz
Houzzさんがアイテムを世界のHouzzから:Houzzで見つけた、最高の夏の家&景色158選に追加しました 2016年8月2日

150. 日本、兵庫、西宮「次のページ」をクリックすると続きをご覧になれます。

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを涼しさを呼ぶ、日本の夏の風物詩17選に追加しました 2016年7月12日

簾(すだれ)と葦簀(よしず)高温多湿の日本の夏を、少しでも快適に過ごせるようにと先人たちが編み出した知恵が、吊るす「簾」と、立てかける「葦簀」。どちらも、見た目に涼やかなだけでなく、遮光をしながら、隙間から涼風を取り込んでくれます。簾は、細く割った竹やアシという植物(ヨシとも呼ばれます)でつくられているものが多く、部屋の中でも外でも吊るせます。ほんのりと暗くなった室内からは、外からの視線を気にすることなく、簾から透けて見える、光あふれる風景と涼風を感じることができます。また、御簾(みす)と呼ばれる、布で縁取りした簾には、日本人特有の繊細な美意識も見られ、吊るすだけでも風雅さが引き立ちます。いっぽう葦簀は、アシを原料としてつくられているものが多く、軒先などに立て掛けて使います。水辺の植物であるアシは水を吸うため、霧吹きなどで水をかければ、打ち水と同じような効果が得られ、より涼しく感じられるでしょう。山口誓子が俳句で詠んだような気持ちも味わえるかもしれません。よしず過ぎ 几帳も過ぎて 風通る

contact837
片岸 千代子さんがアイテムを暑い夏を涼しく過ごす、暮らしの工夫に追加しました 2016年7月9日

簾(すだれ)で、日射を防ぐカーテンは窓・部屋の内側につけますが、簾や葦簀(よしず)は窓の外に設置します。窓の外に日陰をつくることで、建物内への輻射熱を抑えつつ、暑さを和らげることができます。また、エアコンを使ったときのエネルギー消費量の軽減にも一役買っています。夏の風物詩、朝夕の「打ち水」玄関先や庭などに水を撒いて涼をとる「打ち水」。撒いた水が蒸発することで、空気中の熱を奪い、わずかながら対流(風)をつくることで気温を下げる効果があります。昼間の打ち水は、撒いた水が日射で熱されて蒸し暑くなる可能性があるので、涼しくなる朝か夕方が効果的です。雨水やお風呂の残り湯を使うと経済的です。

Houzz 寄稿者のコメント:

crosby_stansfield6
Crosby StansfieldさんがアイテムをCrosby's Ideasに追加しました 2020年5月13日

Backyard patio that goes from side wall to side wall the length of the house

maartenjsa
Maarten AngenentさんがアイテムをM and M Courtyard garden ideasに追加しました 2019年1月17日

simplicity of the bench, very cool !

bnshf034
高橋氏さんがアイテムをbnshf034さんのアイデアブックに追加しました 2018年1月24日

簾(すだれ)と葦簀(よしず) 高温多湿の日本の夏を、少しでも快適に過ごせるようにと先人たちが編み出した知恵が、吊るす「簾」と、立てかける「葦簀」。どちらも、見た目に涼やかなだけでなく、遮光をしながら、隙間から涼風を取り込んでくれます。簾は、細く割った竹やアシという植物(ヨシとも呼ばれます)でつくられているものが多く、部屋の中でも外でも吊るせます。 ほんのりと暗くなった室内からは、外からの視線を気にすることなく、簾から透けて見える、光あふれる風景と涼風を感じることができます。また、御簾(みす)と呼ばれる、布で縁取りした簾には、日本人特有の繊細な美意識も見られ、吊るすだけでも風雅さが引き立ちます。いっぽう葦簀は、アシを原料としてつくられているものが多く、軒先などに立て掛けて使います。水辺の植物であるアシは水を吸うため、霧吹きなどで水をかければ、打ち水と同じような効果が得られ、より涼しく感じられるでしょう。山口誓子が俳句で詠んだような気持ちも味わえるかもしれません。 よしず過ぎ 几帳も過ぎて 風通る

松福荘の写真