INTERIOR DESIGN

東京23区のコンテンポラリースタイルのおしゃれなアトリエ・スタジオ (白い壁、コンクリートの床、自立型机) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

nananohana
ななのはな(nananohana)さんがアイテムを片付けスイッチを入れるインテリアの模様替えとは?に追加しました 2018年9月12日

模様替えのゴールを決めてモチベーションをあげるどんな風に変えたらいいか迷ったなら、沢山ある写真の中から好きな空間を選びましょう。インテリア関係の書籍はもちろん、Houzzやインスタグラムなどで沢山のインテリア写真が閲覧できるので、その中から自分のお気に入りをピックアップし、色やスタイルを選ぶのもおすすめです。片付け・収納の専門家をさがす

motoko_sasaki
motoko sasakiさんがアイテムを本の収納&ディスプレイを、もっと素敵に見せるアイデア12に追加しました 2015年9月17日

本のデザインを生かして飾る雑誌や書籍は背表紙が見えるように、写真集や素敵な装丁の本は表紙を見せるようにするなど、本によって見せ方を変えています。本そのもののデザインを生かしながら飾るだけなので、すぐに真似できそう。さっそく私もこの方法を試してみようと思います。

kanae_takimoto
滝本 香苗さんがアイテムを新築も、リフォームも。知っておきたいインテリアの構成要素 :床材いろいろに追加しました 2015年7月5日

モルタルこちらの床仕上げはモルタル。無機質なのにどこか温かい印象があるのは、左官職人による手作業だからでしょうか。リノベーションの現場で使われることが多い仕上げ方法で、鉄筋コンクリートの構造床の上に直接セメントを塗ります。昭和40~50年代ごろに建てられた鉄筋コンクリートの建物は、現在のマンションなどに比べて天井が低く作られています。構造床の上に木製の下地作りをせずに直接塗れるモルタルは、天井高さをいっぱいまで稼げるので効果的です。

Houzz 寄稿者のコメント:

mmsshh
mmm hhhさんがアイテムを1Fの参考画像に追加しました 2017年9月28日

壁の備え付け棚が良い。下に空間があると部屋が広く開放的に感じる。