吉祥寺のリノベーション

—  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

sayakafujima
藤間紗花さんがアイテムをユニークなアイデアで自分らしく楽しむ。築40年超のマンションリノベーションまとめに追加しました 2020年8月11日

斜めの廊下が生み出す、広がりとゆとりこちらは、東京都杉並区にある築40年のマンション。住まいを購入する際、予算的な問題から中古マンションに絞っていたというオーナー夫妻は、探しているうち、新築にはない古びた意匠や公共スペースの存在を魅力的に感じるようになったのだそう。こちらの住まいの最大の特徴は、玄関からリビングにつながる廊下が斜めに配置されていること。その影響で、寝室やリビングは台形のような不思議な形になっています。

_______7279
chihiro suzukiさんがアイテムを間取りのマジックで、コンパクトなマンションに一戸建ての雰囲気をに追加しました 2015年12月21日

「玄関からリビングにつながる廊下を斜めに配置することで、空間に広がりと変化を与えるようにしました。また、斜めに廊下を抜くことで生まれた余分なスペースが、逆に贅沢なゆとりのある印象を与えているようです」と話すのは、Kichi Architectural Design(吉デザイン設計事務所)の吉川直行さん。家の中に斜めの廊下があることで、寝室やリビングは台形のような不思議な形に。なんとなく不便なのでは?とも感じますがそんなことはなく、このために生まれたデッドスペースが空間に奥行きを与え、広々と感じられるようになったとMさんは言います。写真手前が、その台形の寝室部分。いずれは間仕切りを設けて子供部屋にすることを視野に入れ、広めにしたそう。北欧テイストのブルーのサッシ×ガラスの引き戸の奥には土間スペースがあり、光がさんさんと降り注ぎます。

Houzz 寄稿者のコメント:

miyuki1no34
miyuki1no34さんがアイテムをmiyuki1no34さんのアイデアブックに追加しました 2020年10月26日

リノベーションによってマンションとは思えない間取りになっている。

____30782
インテリアコーディネートHYGGEヒュッゲさんがアイテムをリビングダイニングに追加しました 2020年10月21日

北欧調の建具のブルーとレッドの照明そのほかの北欧テイストも絶妙にマッチして素敵です。子供たちの明るい声が聞こえてきそう!