L型キッチンの画像

キッチンの間取りやレイアウトでお悩みですか?Houzz では、プロが手がけたL型キッチンのレイアウト実例・アイデアをご紹介しています。たくさんのL型キッチンの画像から、おしゃれで使いやすい、理想のL型キッチンアイデアを見つけてください。

L型キッチンとは

L型キッチンとは、コンロとシンクが90度の角度で配置されたキッチンです。L字レイアウトは、コーナーがある間取りのため、キッチン作業に不可欠なコンロ、シンク、冷蔵庫を結ぶ「ワークトライアングル」を効率よく結ぶことができます。I型キッチンやII型キッチン (ギャレーキッチン) と比べて、横に行き来したり、後ろを振り返る動作が少ないL型キッチンの間取りは、家事動線を短くすることができます。L型キッチンは、コンパクトな空間を有効に使うことができ、広めのキッチンでもそれほど動線が長くならないので、作業効率がよいキッチンといえます。

L字キッチンの間取り

L型キッチンの間取りには、主に2種類あり、それぞれバリエーションがあります。

  • 壁付けL型キッチン:一般的なのは、キッチンカウンターを台所の角に合わせて壁付けにするレイアウトです。2辺とも壁に沿ってまたは窓の下に配置したり、1辺を壁付けにして、もう1辺は対面カウンターとするレイアウトもあります。壁付けL字キッチンの間取りは、開放的な雰囲気の間取りになります。コンロがあるカウンターが壁付けであれば、レンジフードも壁に沿わせて、換気もしやすく匂いが広がりにくくなります。また、キッチン収納が必要であれば、壁つたいに吊戸棚やオープンシェルフを設置することで、十分な収納スペースを確保することができます。
  • L型対面カウンターキッチン:L型キッチンの1辺を壁付けにし、もう1辺をダイニングに向けて対面式にするレイアウトも人気です。調理中の換気効率を考えると、シンク側を対面カウンターにする間取りがおすすめです。水はねなどが気になるようであれば、シンクのあるカウンターに低めの立ち上がり壁を設けて、コンロ側のキッチンパネルと合わせると、インテリアにも統一感が出るでしょう。対面カウンター式の間取りにすると、ダイニングの家族と会話しながら、調理や洗い物ができます。

L字キッチンにアイランドカウンターをプラスすると、作業スペースが広がります。ミニシンクをつけたり、カウンタートップの素材を変えたりすると、空間デザインにも変化が出ます。

L字キッチンの間取りは、オープンレイアウトのもの、クローズドキッチンのようなもの、アイランドカウンターと追加したものなど、バリエーション豊かです。壁付けにして、家族のいるリビングダイニングにつながるキッチンにしたい、調理は集中したいのでコンロは壁付けにして、洗い物はリビングのテレビを観ながらやりたいなど、どんなキッチンだと作業しやすくハッピーでいられるか、シミュレーションしてみましょう。

L型キッチンのメリット・デメリット

L型キッチンの一番のメリットは、家事動線が短くなることです。コンロとシンクが角度付きで向き合っているため、鍋に水を入れてコンロに移動したり、茹でた食材の水切りなどが楽にできます。調理をしながらさっと洗い物を済ませたりできるのも便利です。

デメリットは、I型やII型キッチンレイアウトと比べて、奥行きのあるスペースが必要になることです。横長の間取りのキッチンをL字にリフォームする際には、十分な空間があるか事前の確認が必要です。

また、コーナー部分がデッドスペースになることも想定しておきましょう。カウンター下収納をつける場合は、キッチン設計・キッチン設備の専門家に相談するおすすめします。

壁付けの間取りの場合、コンロやシンクが壁と接しているため、水回りの汚れや調理中の油ハネなどの掃除がオープンキッチンやアイランドキッチンと比べて楽になります。

L型キッチンのデザインや間取りは、オープンレイアウトに近いもの、クローズドキッチンのようなもの、アイランドカウンターと追加したものなど、バリエーション豊かです。壁付けにして、家族のいるリビングダイニングにつながるキッチンにしたい、調理は集中したいのでコンロを壁付けにして、洗い物はリビングのテレビを観ながらやりたいなど、どんなL字キッチンだと作業しやすくハッピーでいられるか、シミュレーションしてみましょう。

PR
信頼できるプロの力で夢の家を現実に
信頼できるプロの力で夢の家を現実に
PR