料金プラン

Houzz Pro を使う

住宅業界に特化した統合型ビジネスソフトウェア

無料ツールをお試しください
  1. Houzz Pro ラーニング
  2. Houzz Pro ニュース
  3. 建築・施工の専門家

見積書作成ツールが新しく、より簡単になりました

Houzz Pro の見積書作成ツールが、シンプルできれいに、そして使いやすくなりました。新しい機能をぜひご活用ください。

2022年1月26日

Houzz Pro の見積書作成ツールが刷新されました。より便利になった機能をご紹介します。

◆ ニーズに合わせてよりフレキシブルに 

建築資材の不足により、工事の遅れや価格の変更が余儀なくされることがあります。工事完了前にアイテムや単価が変わることが多いため、顧客の承諾済みの見積書に変更を加えられるようにしてほしいという声が多くの専門家から寄せられていました。

そのような要望にお応えして、見積書が承諾済みであっても、編集ができるようになりました。画面右上の「その他の操作」をクリックして、「再開して編集」を選択します。

また、必要に応じて、発行した請求書を取り消すこともできるようになりました。

◆ レイアウトが一新され操作が簡単に

新しいバージョンではすべての表示が簡略化され、ノートパソコン上でも見積書を編集しやすくなりました。また、項目数が多い場合でも、スクロールが簡単にできるようになりました。

以下に、便利になったポイントをまとめます。

1. 顧客情報を変更することなく、見積書の請求情報をワンクリックで更新できるようになりました。画面の右上にあるペン型のアイコンから、自分用の文書情報を追加したり、請求先のメールアドレスや住所の情報の変更が可能です。

2. 「項目を追加」ボタンがページのスクロールに合わせて表示され、簡単に項目を追加できるようになりました。ライブラリー内を検索して、アイテムを選択しましょう。

3. 特記事項や備考欄で文字の書式設定が可能になりました。編集画面で、文字を太字、斜体、下線付きにしたり、箇条書きや番号付きリストを指定することができます。

また、テキスト全体を編集しやすいよう、テキストボックスの大きさを広げられるようになりました。

◆「編集」と「プレビューして共有」のモード切り替えが簡単に

新しくなった見積書のプレビュー レイアウトでは、顧客へ送付する文書で何を表示するかの選択が簡単になりました。表示したい価格情報を選択したり、項目ごとの承諾を設定したりするには、関連するチェックボックスをオンにします。見積書が出来上がったら [共有] ボタンをクリックしましょう。メッセージのテンプレート機能を使用すれば、毎回一からメールを書く必要はありません。

今後も見積書の新機能を続々と発表する予定ですので、どうぞご期待ください!

Houzz Pro

Houzz Pro ですばやく見積書を作成して業務を効率化しましょう

無料相談を予約

Houzz Pro ラーニングの他の情報

1/4