東京都 新宿区のタイル・石材・天板の専門家

絞り込み:
並び替え:
115 件の専門家 (全 27件)
  • 築古マンションの浴室リフォームで既存のユニットバスサイズが適合せず、自由なサイズに対応可能なボウ...
    kenji tanaka続きを読む
    電話する
    〒211-0025, 神奈川県川崎市, 中原区木月4-28-3
  • 大版セラミック スラブ「GARZAS」は、壁面や床面、家具やキッチンの面材などの 装飾建材として使用できる製品です。 最大サイ...

    続きを読む
    電話する
    〒140-8611, 東京都品川区, 東品川3−20−17
  • 人工大理石、デュポン™コーリアン®は、美しく温もりのある上質な質感、洗練されたデザイン、そして確かな品質を兼ね備える理想的な素材で...

    続きを読む
    電話する
    〒107-0062, 東京都港区, 南青山1丁目15番9号第45興和ビル
  • reation of material that designs life environment  Production...

    続きを読む
    電話する
    〒151-0053, 東京都渋谷区, 代々木1-21-8
  • ■事業内容 ◇建築用せっ器質レンガタイル 製造・企画・短期素材解説に基づくご提案・レクチャー外装設計コンセプトの素材分類(色彩・...

    続きを読む
    電話する
    〒157-0073, 東京都世田谷区, 砧6-15-7-503
  • タイルブランド Maristo(マリスト)です。 弊社ではインテリアタイルを中心に、ガラスモザイクから大判の床タイルまで、250...

    続きを読む
    電話する
    〒106-0032, 東京都港区, 六本木3-16-33青葉六本木ビル ANNEX2F
  • スマート・ブリックウォールはスライスしたレンガを、特許を取得した金具で躯体に確実に留めつける外壁の施工システムです。特許を取得した...

    続きを読む
    電話する
    〒143-0013, 東京都大田区
  • こんにちは。TileStyle深大寺です。 インテリアの素材選びは楽しいですね。 しかし住宅新築の際には決める事が数多くあり、...

    続きを読む
    電話する
    〒182-0017, 東京都調布市, 深大寺元町5-2-4
  • コアド&マテリアルズは、建築仕上げ材料 石材、タイル、壁面木材 木製仕上げ材など 企画製造 輸入 販売を手がけています。 スウェ...

    続きを読む
    電話する
    〒153-0043, 東京都目黒区, 東山1-15-5
  • マスターリンクスは、「これまでの常識にとらわれず常に進化し、お客様に支持される存在であり続けること」「個の能力を最大限引き出し企業...

    続きを読む
    電話する
    〒152-0004, 東京都目黒区, 鷹番2-5-20サン鷹番ビル301号
  • 焼き物らしさと装飾にこだわったタイルを生み出し、豊かな心を持つ暮らしを、タイルを通して伝えていきたいと考えています。都内唯一、国内...

    続きを読む
    電話する
    〒170-0012, 東京都豊島区, 上池袋2-15-1
  • CRIOS は業界初となるタイルへのプリントを実現。完全オーダーメードの特注タイルの製作を小ロット・短納期・低コストで実現しました

    続きを読む
    電話する
    〒1468577, 東京都大田区, 鵜の木2-8-4
  • 電話する
    〒103-0007, 東京都中央区, 日本橋浜町3-7-2
  • YUKI-YAKI代表 タイル作家/Tile Artist 杉野女子大学卒業(染色専攻) 京都 手書き友禅二代目清次郎 花...

    続きを読む
    電話する
    〒215-0021, 神奈川県川崎市
  • 株式会社ティーエムです。 私たちは「人と人との繋がりを大切に」をモットーに、技術的・時間的、そしてコスト面まであらゆる角度か...

    続きを読む
    電話する
    〒182-0033, 東京都調布市, 富士見町4-32-10

東京都 新宿区のタイル・石材・天板の専門家の注目レビュー

ボウクス株式会社
東京都 新宿区のタイル・石材・天板の専門家
2020年9月29日
アメリカの住宅設備機器メーカー KOHLER製バスタブを使用した浴室工事でお世話になりました。 海外のバスルームといえば、お洒落なバスルーム空間を想像されると思います。しかしながら、その空間を日本で実現しようと するとそう簡単ではありません。 海外の規格や慣習は、日本のそれとは異なるからです。 アメリカと日本では、そもそも規格(アメリカはインチ・日本はmm)が異なります。日本では、バスルームに機能性を求められますので、コスト安やメンテナンスの簡易性からユニットバスを選ぶ方がほとんどです。一方、欧米では、バスルームというのはリラックスするための場所という考え方です。 海外製の商品にアレルギーを持っている業者さんも多いですが、担当の林さんは輸入系住宅の経験が長く、その知識と経験でKOHLER製品を組み込んだお洒落なバスルーム空間を見事に実現してくれました。
Houzzを最大限に活用しましょう!詳細はこちら