京都府の冷暖房・空調設備の専門家 1人

京都府の冷暖房・空調設備の専門家をお探しですか? エアコンはその名の通り、室内の温度を調節する設備です。一方、空調設備は、温度や湿度の調整や空気の清浄など室内環境を整えるための建築設備で、「空気調和設備」を意味する英語「Heating, Ventilating, Air Conditioning」の頭文字をとって「HVAC(ヒーバック)」 と呼ばれることもあります。室内空間の快適性だけでなく、人々の健康や地球環境にまで影響を与える空調設備。エアコン取り付け、エアコン修理、管理などの工事は、信頼できる専門業者にお任せしたですよね。Houzz では、全国の冷暖房・空調設備の専門家の専門家を、事例写真やレビューと共にご紹介しています。戸建てやマンションのリフォーム・リノベーションをお考えの際は、Houzz で見つけた冷暖房・空調設備の専門家までお気軽にお問い合わせください。 もっと見る
  • 075-441-2927
  • 京都府京都市上京区
Houzzを最大限に活用しましょう!詳細はこちら

冷暖房機(エアコン)と空調設備の違い


冷暖房機(エアコン)も空調設備も、同じものとお考えの方も多いのではないでしょうか? 実はこの2つの設備には大きな違いがあります。みなさんご存知の通り、冷暖房機(エアコン)は冷房や暖房で室内の温度を調節する機器です。住宅の断熱・機密性の向上や、ヒートアイランド現象の拡大に伴い、一般世帯(2人以上世帯)の普及率が91.2%に及ぶほど、冷暖房機(エアコン)は生活に欠かせない家電の1つとなりつつあります。(内閣府「消費動向調査 2015年度」より)

一方、空調設備は温度だけでなく、湿度や気流といった「空間の空気」そのものを調整し、換気(給・排気)機能、冷暖房機能、そして加湿・除湿機能が備わった設備を指します。日本では、主にオフィスビルや病院、ホテルなどの施設で使われることが多いのですが、最近では京都府の空調設備を設置する家庭も少しずつ増えてきています。

冷暖房機(エアコン)専門家の仕事


京都府のエアコン関連の仕事には、営業・販売、取り付け、移動、修理などがあります。除湿機能や空気洗浄機能、人の動きをセンサーで感知し快適な空気の流れを作る機能など、エアコンにはさまざまな種類があります。まずは、電器店や家電量販店などで商品を見たり販売員に相談したりした上で、部屋の大きさや家族構成、間取りといった家に関する条件と、機能、価格、消費エネルギー量(電気代)といったエアコンに関する条件を照らし合わせ、ご家庭にぴったりなものを選びましょう。

通常エアコンを購入すると、店と提携している業者が取り付け工事を担当し、エアコン本体と室外機の設置、パイプの設置、配線作業などが主な仕事となります。設置済みのエアコンを別の部屋へ移動したり、故障箇所を修理したりする場合、保障期間中であればメーカーやエアコンを購入した店に問い合わせるとよいでしょう。保障期間が過ぎた場合、メーカーに問い合わせるのも一つの方法ですが、自分でエアコン修理を請け負ってくれる業者を探す方が安くできる可能性もあります。費用や工事経験などを比較し、納得のいく業者に依頼するようにしましょう。

空調設備専門家の仕事


室内環境が改良したい、光熱費を安く抑えたい、ダクトから嫌な臭いが流れてくるなど、空調設備の新規導入や改修、更新工事に踏み出すきっかけはさまざま。シックハウス症候群やシックビルディング症候群といった症状も、住宅やビルなど建物の中にある空気の質、「室内空気質(Indoor Air Quality: IAQ)」と密接に関連しています。空調設備の設置やリニューアルを考える時、まずは京都府の専門家に相談をし現状や希望の詳細を明確に伝えるようにしましょう。また、設備の種類や工事内容、設置後の設備の管理方法などのオプションをプロと一緒に確認し、最適な方法を選択するようにしましょう。

相談、設計、施工、アフターケアまでをトータルでサポートしてくれる、空調設備に特化した専門家に仕事を依頼するケースが一般的です。空調設備は定期的にメンテナンスを行う必要があるため、窓口を1つにまと問題が発生した場合でも、スムースに対処することができます。

冷暖房・空調設備の専門家の選び方


京都府の冷暖房・空調設備の専門家を選ぶ上で重要な確認リストです。あなたのライフスタイルやライフステージに合った理想的な暮らしを実現するプロを Houzz で見つけてください。

  • 価格に納得できますか?
  • 冷暖房・空調設備の専門家には豊富な経験がありますか?
  • 今までに依頼内容と同じようなプロジェクトを手がけた経験はありますか?
  • 冷暖房・空調設備の専門家の得意分野と思い描く暮らしのイメージが一致していますか?
  • アフターケアの説明はありましたか?
  • コストマネジメント能力に納得できますか?
  • 費用に含まれるサービス内容を確認しましたか?