千葉県 船橋市の建築家

絞り込み:
並び替え:
115 件の専門家 (全 698件)

千葉県 船橋市の建築家の注目レビュー

ユウ建築設計室
千葉県 船橋市の建築家
2017年11月19日
「格子壁の住宅」を設計していただきました。 低予算であった為、条件の悪い安価な土地でも快適な住環境を得られるか知りたく、何人かの設計士さんとお話をさせていただきました。 以前空き巣に入られたことがあり、防犯性の高さを希望していましたが、低い位置や高い位置に横長の窓を配置する・窓に格子をつけるといったプランの設計士さんが多い中、吉田さんのプランは大きな窓を配置しつつ、外側にFRPグレーチングを設置することで防犯性を高め、且つ、採光と通風も確保するという、素人には思いつきもしない目から鱗のプランでした。 又、初めてお打ち合わせさせていただいた際、プランの模型写真まで見せていただき、その意気込みに感動しました。 そして、「子供達が家に帰ってきた時に、こんな風に灯りが漏れていたらホッとするだろうな」と、このプランにときめきを感じたことが、吉田さんに我が家の設計をお任せする決めてとなりました。 正直申し上げて、まだお若いので、数多の住宅を手がけてる設計士さんより当然経験は少なくてらっしゃる為心配もありました。 けれど、是非我が家を吉田さんの実績の一つにしていただきたいという思いでお願いさせていただきました。 同年代ということもあり、施主として要望や意見を遠慮無くお伝えできたことも有り難かったですし、いつもとても親身に丁寧に対応してくださいます。 北海道出身の吉田さんがオススメしてくださったサーモスX(窓)のおかげで、一気に冷え込んだここ数日でも、我が家はあまり冷え込むことなく、保温力もとても高いです。 2人のわんぱくな男の子を抱えつつ、小さい悪条件な土地でも、スペックも高く、適度にオシャレで、何より家族全員がのびのびと過ごせる『格子壁の住宅』。 こんな家に住むことができて、とても幸せです。 吉田さんはもちろん自信を持ってオススメできる設計士さんですが、どんなに設計士さんが素晴らしくても、家造りで後悔しない為には、施主はどんな小さいことでも自分の意見はどんどん伝えた方がいいと思います。 察してもらうことを求めるのではなく、意見を伝えて一緒に考え、専門家としてのアドバイスもいただきながら、二人三脚で造っていくことが大切です。 吉田さんはきちんとこちらの意見に耳を向けてくださる方なので、これから住宅を依頼される方は、是非小さなことでもご自身の想いを伝えてみていただけたらと思います。
ヤマサキアトリエ/Atelier Yamasaki
千葉県 船橋市の建築家
2020年6月24日
2年ほど暮らしてみた感想としては、どの季節においても心地よい自然光の明るさを感じることができ、とても快適な住まいをつくってもらえたと思います。 当初の打ち合わせでは、ペット(犬と猫)により良い住環境にしたいことと、家族が一緒にいる時間の最も長いリビングを皆で落ち着いて過ごせる空間にしたいことを優先的に希望しました。そのような漠然としたライフスタイルのイメージから始まったのですが、具体的にまとめていく過程では、私たちが気づかない細かい部分までアイデアを提案頂き、丁寧に設計を進めてもらえたと思います。 ▼24時間全館空調 元々は人が不在の時でも、1部屋だけはペットのために、冬はオイルヒーター、夏はクーラーをつけっぱなしの状態でした。しかし今回、基礎備蓄輻射暖房(1階床)を取り入れたので、どの部屋でも冬は静かで暖かく、夏は涼しくなりやすくなりました。ペットのために、と思ってやったのですが、外出自粛等で在宅の時間が増えた私たちにとっても良かったです。暖房時は、じんわり部屋が暖かい状態なので暑すぎることもなく、火事の心配もないので気に入っています。 ▼リビングと吹き抜けと庭 庭と吹き抜けは、当初私たちにはイメージがありませんでした。土地も大きくないため、つけるとその分部屋が狭くなってしまうのではと、少し心配もしたのですが、それは杞憂に終わりました。吹き抜けがあることで、リビング全体に開放感があり、南向きの窓からはやわらかな日の光が大きく差し込んで、いつも明るい空間となりました。なかなかこの快適さを伝えるのは難しいのですが、ソファに座っていると、雲が流れていく様子や庭の緑が見えたり、心地よい風を感じたりできるので、限られたスペースでもキャンプ場で迎えた朝のような爽やかさを感じることができます。 また、2階の吹き抜けに面した寝室も、床面積は大きくないですが、吹き抜けがある分、体感としては広々とした空間に思います。 ▼動線・つながり 敷地には高低差がありますが、用途や使用頻度の異なる部屋を床レベルで分けてまとめて頂いたので、とても使いやすくなっています。例えば、中2階にあるトイレや洗面・浴室は、1階のリビングからでも2階の寝室からでも利用しやすいです。家の中に段差があるはずなのに、空間としては一体感が感じられます。 ▼ペット 設計者の方はペットを飼っていないのですが、私たちのペットとの生活をよく汲み取ってつくって頂けたと思います。ペットの飛び出し防止の引き戸(玄関と玄関ホールの間)や犬の足洗い場(玄関ホール付近)などは、使いやすさに重点を置きながらも、他との統一感や来客の視線に配慮したデザインを考えてつくって頂けたのが良かったです。 ▼照明計画 照明については、照明デザイナーの方にも相談しながら進めました。正直なところ、そんなに変わるのかなと最初は半信半疑な気持ちもあったのですが、少しの明かりの違いで空間の雰囲気にこんなにも差があるのかと驚かされました。現場にも何回も来て頂き、安心してお願いできました。
アトリエハコ建築設計事務所
千葉県 船橋市の建築家
2018年3月4日
自身の家を建てる際、当設計事務所に依頼しました。 コチラと契約させていただくまでに、某ハウスメーカー、地元の工務店などに色々と相談したり、 実際に設計書を作成していただいたりもしたのですが、担当者、成果物、共に自分には合わずモヤモヤしてました。。 そうこうしているうちに数ヶ月経ち、家づくり自体を諦めようかと考えていたときに、 住宅プロデュースを行っている会社に当設計事務所を紹介していただきました。 初顔合わせから、とにかく色々と対話した記憶があります。 家に関することは当然ながら、特に私の趣味やファッションなどライフスタイルに関する質問が多く、 私の事を色んな側面から知ろうとしてくれているという印象でした。 また、その場でサラっと書いてくれるラフ絵が、これまで他社に何十回と書いてもらった設計書よりも遥かに魅力的なもので、とても驚かされました。 やはり狭小住宅に強い事務所ですので、私が家づくりで気になっているネガティブポイントへの対策はお手の物で、 その上でドラスティックなデザインをどんどん提案してくれるので、そのスピード感と発想力は他社を遥かに凌駕している印象でした。 実際に着工してからもその印象は変わらず、雑談中に「あ、その案良いですね~」から、実際に仕様変更に入るまでがとにかく早い。 工務店とネゴも現場でサクサクやってくれるのでとても頼り甲斐がありました。 竣工してから6年になりますが、未だに思うのが「なぜこんな狭い土地にこの家が建つんだろう」ということ。 もちろん散々ミーティングして、デザインは納得した上で建てた家ですが、なぜか私が想像していた家より広いんです笑 限られたスペースに最大限の広さを【作る】技術と、広く【見せる】技術が成すデザインなのだと感じました。 竣工時から家族が一人増えましたが、特に手狭になった印象もありません。 家の中で、特に私が気に入ってるのが1Fと2Fの間にあるフリースペース。 2Fのリビングとは正反対の、少々薄暗く、低ーい天井が、籠って作業する際にピッタリ。集中力発揮できます。 そしてこの家の主役とも言える螺旋階段。鉄製の構造物は、何とも男心を魅了します。 帰宅時、2Fの吹き抜けに顔を出した娘に「ただいま~」なんてコミュニケーション取れるのも螺旋階段の魅力の一つですね。 外観も大満足。 黒壁にすることは当初から決めていましたが、改めてトリッキーなデザインとよく調和していると感じます。 密集した住宅街にポツンと黒くてヘンな形の家。遠くから見たときの「気持ちいい違和感」は本当に飽きないです。 コンセント、照明、窓の位置など、細かい改善点は挙げたらキリないですが、それは次回家づくりの際に解消していこうと考えています。 当然、次回もコチラの事務所に依頼させていただくつもりです。
森吉直剛アトリエ/MORIYOSHI NAOTAKE ATELIER ARCHITECTS
千葉県 船橋市の建築家
2019年1月7日
自分たちがイメージしていた通りの別荘を建てることが出来てとてもありがたく思っています。 何度も休日に家族で遊びに行った山麓でたまたま良い土地を見つけ、最初は現地の設計会社が良いと思い別荘の設計をお願いしました。その土地特有の事情や様々なアドバイスを頂き、お互いにイメージを膨らませていったのですが、私が東京に居るのでなかなか密な連絡を取れなく、希望していた『非日常的な空間を楽しめる』別荘らしいプランの提示はして頂けませんでした。また、色々とあるはずの他のオプションや詳細もあまり教えてもらえなくとても残念に思いました。 そこで雑誌やネットで別荘関連記事から東京の建築家を探し、しっかりと相談に乗ってくださる森吉直剛アトリエさんにお願いする事となりました。どうしても欲しかった大きな屋根とテラスなどを模型で確認してイメージを共有できましたし、一緒に庭のデザインとその土地にあった樹木の選定から、別荘らしい特設の暖炉、温もりのある床や天井に、みんなでわいわい集まれる大屋根の下のオリジナルのBBQコーナーなど、一つ一つしっかりとコストを考えながら取捨選択をし、私たちの希望を具現化することが出来ました。 希望の家がかたちがはっきりと分かっている方には、そのような設計・施工をなさっている施工会社、あるいは建築家が最適でしょうが、私たちのように一緒に相談しながらプランを練りたい方には、しっかりと話を聞いて相談に乗ってくれる森吉さんのような建築家で良かったと思いました。
山崎壮一建築設計事務所
千葉県 船橋市の建築家
2017年12月19日
子どもたちが快適に過ごせる空間 -- 「でも子どもっぽくしないで!」というワガママに見事にこたえていただきました。 風通し、光加減、抜け感とプライバシーの完璧な調和で、四季を五感で感じながら毎日を過ごしています。 初めて我が家を訪れた方が思わず声をあげるほどのリビングルームは我が家の自慢であり、家族団らんに欠かせないスペースです。また、こだわりに付き合っていただいたバスルームは海外のホテルのような佇まいで、子どもたちはヒマさえあればバスタイムを楽しんでいます。 細かい要求にも真摯にご対応いただき、模型や画像をつかって素人でもわかるように丁寧に説明をしていただけました。おかげで、完成までの工程はストレスがなくとても思い出深いものとなり、家への思い入れも一層高まりました。 妥協なしのお仕事で、一生に一度のプロジェクトをお任せするには最高の設計士さんです。
一級建築士事務所 ikmo
千葉県 船橋市の建築家
2020年5月4日
都心通勤圏内の郊外でのびのびと子育てをしながら生活したい。 そんなボンヤリした希望からスタートした我が家新築計画は、ikmoさんに出会うことが出来て思い描いていたもの以上、期待していたものを大きく越えた素敵なものになったと思っています。 ikmoさんの過去の作品を色々ご覧になったら感じるかもしれませんが、このテイスト!このスタイルドン!(笑)といった感じではありません。 それぞれの依頼主の生活や好み、家族構成、趣味、新築現場の周辺観賞を考慮し最適な解を導き出して提案してくれます。 今、私達の生活は新型コロナの影響で外出自粛、閉塞感漂う世の中です。 ただ、我が家では一日中家の中で過ごしても、緑の景色や家族の存在、一日の始まりから日の傾きまで豊かに感じられる空間で、快適に過ごすことが出来ています。 毎日とても幸せです。 もし全く別の場所で、違った周辺環境の土地で我が家を建てたとしても、ikmoさんにお願いすれば今のこの大好きな家とはまた違う、でもまたとっても素敵な家を建ててくれると思います。 本当にお勧めの建築家さんです。
有限会社 建栄
千葉県 船橋市の建築家
2016年12月5日
事前の打合せで素材へのこだわりや、設計の意図など詳しいご説明をお聞きして「アーキテクトビルダー」の意味する、「建築家のデザイン力+工務店の技術力」を納得しました。また、設計の方から、お施主様とお家に対する「思い」をお聞きして撮影のイメージも膨らみました。お施主様も安心してお任せできると思います。 3Fは奥様とお嬢様ご自身がお好きなお色でペンントされた鮮やかな空間、2Fは無垢の床材と和紙の壁紙で風合いのあるナチュラルな空間でしっとりと落ち着きます。また、向かいのお庭が借景となり、木製の窓枠が額縁のようで素敵でした。 撮影日は寒く積雪もある中、ご配慮、お手伝いいただき大変有難く助かりました。ありがとうございました。 これからも是非お仕事をご一緒させていただきたいです。
大畠稜司建築設計事務所
千葉県 船橋市の建築家
2018年11月18日
自宅兼店舗を建築して頂きました。 変形した土地で出来る限りの アイデアを出して頂き、 なおかつ、こちらの要望通りに なりました。 考えを決して押しつけず、しかし、 実際に住んだ時のことを 私どもに想像させながら、ご提案くださいました。 柔らかい人柄も好感が持てました。 やはり話し合いをするには、 相性が大事だと思います。 大畠先生が設計に関わった建築や部屋を見て「イイ!」と思われたのなら、是非オススメします。丁寧で思いやりのある話し合いが出来ますよ。
石井秀樹建築設計事務所|Ishii Hideki Architect Atelier
千葉県 船橋市の建築家
2018年6月5日
良い空間を作ることは施工者としてはとても誇りのあることです。 唯一無二の空間に携わることができたことを感謝しています。
長谷川建築デザインオフィス|HasegawaDesign
千葉県 船橋市の建築家
2017年11月29日
美しい家の、暖かく自然な天井の下から、今、娘と姉の長女の合同お誕生日会に向け、モツを煮込みながら記しています。 毎日毎日、家に近づきながら、あの家が見える角を曲がって、ハッとしています。夜、夕景の外観からは暖かさがあふれ出しています。ブラインドが、スッと横のラインをダイナミックに描き、外の塀のラインと対応しています。 本当にきれいですよ。素晴らしい。 全体のポテンシャルを何倍にもあげてくれています。 初めにどうしてもお伝えしたいことがあります。 1Fの天井、最後まで迷いに迷っていた天井です。 結論から言いますと、本当にデザインしていただいたオリジナルなままでよかったです。とてもいいですよ。日中は、マットな質感の白がピカピカではない明るさを出してくれてます。塗っていても、木であることがわかります。 そして夜。 暖色系の灯りになって見上げた天井は、素材感がそのまま暖かさに。こういうことだったんですね。気にしていた目地も今となっては、自然にそこにあります。ほんとに自然です。 暖かい家でぬるめの熱燗を毎日ちびちびやってます。 外土間でずいぶんうまく炭火も扱えるようになりました。 「パパ、このおうちだいすき。」 ほんとにぼそっと、娘が言いました。なんかいちばんうれしかったです。 これからいろんなことに気づいたら またお礼のお便りをします。ほんとうにありがとうございました。
Houzzを最大限に活用しましょう!詳細はこちら