壁紙 商品一覧

色とりどりの壁紙・クロスは、部屋の印象をがらりと変える効果があります。シンプルで場所を選ばない無地のものから、少量生産の貴重なプリントのもの、陰影が美しいエンボス加工の壁紙など、たくさんのクロスの中から、部屋にピッタリのおしゃれな壁紙を探しましょう。

壁紙の種類


ビニールクロス
クロスの中でも一般的に多く使われているのがビニールクロス。塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに、紙などを裏打ちしたものです。他の素材に比べて安価で、品質も安定しており、耐久性も高く掃除もしやすいのが特徴で、色やデザインも豊富です。表面に凸凹のあるエンボス加工や、プリントを施したもの、防汚や消臭機能など、クロスにさまざまな機能を持たせている商品も多くみられます。

紙クロス
紙クロスは、パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したクロスです。和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどもあります。紙は音を吸収し、湿気を調節し、空気を通す素材であり、環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。手すき和紙の紙クロスも部屋をやわらかな雰囲気にしつらえてくれるとあって人気です。また、塩ビを使わないため、可塑剤などにアレルギーを持つ方でも採用できるのも特徴です。一方で厚みがそれほどないので摩擦に弱いといったデメリットもあります。

織物クロス
織物クロスは、レーヨン、絹、麻などを紙で裏打ちしたクロスです。平織りや綾織、不織布などがあります。ビニールクロスと比べて独特のボリューム感と、あたたかな風合い、ソフトな感触 で、高級感と重厚感を生み出します。ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要となります。

その他
紙と珪藻土を混ぜてつくられる「珪藻土壁紙」、金属やガラス繊維が原料の「無機質壁紙」など、お部屋のアクセントとなりそうな壁紙も多数あります。

壁紙をDIYで貼るか、プロにお任せするか?


気をつけていてもどうしても汚れてしまう壁紙。明るい色を用いることが多いだけにどうしても汚れは目立ってしまいます。そこで、自分で壁紙を買って貼るという、DIY派もいることでしょう。最近では、のりを練って散布する必要がない、生のりがすでに着いているタイプの壁紙や、貼ってはがせる壁紙もあり、DIYのハードルは低くなっています。
ただやはり、ある程度広い面積の目立つ場所に施工する場合は、プロに依頼するのが安心です。寸分の狂いもない壁の採寸や、古い壁紙を下地を傷つけずに剥がす作業、そして新しい壁紙を皺なくキレイに貼る作業などは、よほど慣れた人でないと簡単ではない作業なので、DIYはまず手始めに、オープン棚の奥やヘッドボードなど、小さな場所からチャレンジしてみるのがおすすめです。