ダイニングチェア 商品一覧

食事をする時に座ることを主な目的としたダイニングチェアは、家の中でも活躍の頻度が高い椅子です。フォーマルなダイニングルームがある場合は、部屋の雰囲気やインテリアに合った、ダイニングテーブルとセットのダイニングチェアを選ぶべきでしょう。また、キッチンの一部がダイニングスペースになっているような場合は、ダイニングキッチンのアクセントとなるような、ちょっと変わった色や形のダイニングチェアを選ぶのもいいでしょうし、パソコンを使う、読書をする、テレビを見る、といった食事以外の目的にも合ったものを探すのも楽しいものです。

ぜひ、あなたのお部屋や用途にあった ダイニングチェアを見つけてください。

ダイニングチェアの名作たち


イームズのシェルチェアは、イームズ夫妻がデザインした、ミッドセンチュリーを代表するダイニングチェアです。「イームズチェア」といえば「シェルチェア」を指すことがほとんどで、安価に大量生産できる材料で軽量なデザインを目的として製作されました。発表された1950年当時から、若者を中心に世界中で親しまれています。
セブンチェアも同じくミッドセンチュリーを代表とする作品で、デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンが1955年に発表したものです。さまざまな色や仕上げがあり、おしゃれなカフェやレストランで見かけたことがある人も多いのでは。
こういうデザイン性の高い椅子があるだけで、部屋全体のイメージがグンとアップします。

ダイニングチェアは何脚必要?


ダイニングチェアを何脚購入するかは、食卓となるテーブルのサイズに依存します。また、家族の数や来客の頻度、そしてダイニングチェアを置く部屋のサイズによっても違ってきます。将来的に家族の数が変わる可能性がある場合は、「名作」と呼ばれる息の長い商品を選んでおいて、必要に応じで同じ種類の椅子を後から買い足す、という方法もあります。
また、たまにしか使わないゲスト用の椅子は、スタッキングできるタイプを選ぶと、日頃場所を取らずに済みます。