建築設計事務所 山田屋
日本に生まれ、日本で育った私が日本で建築することの意味を、日頃より考えている。 日本建築の根底には、自然の恩恵を最大限に活かす意思がみて取れる。森で獣を狩り、川で魚を釣り、田畑で野菜を採取し食を調達するがごとく、住まいの材料も、周辺の自然環境にあふれているものを適材適所に利用し、住宅を形成していた。 このことは特別なことではなく、ごく自然の成り行きである。申し上げたいことは、自然の成り行きによって形成されたものは、自然環境に負荷を与えないということである。住まう人間にも負荷を与えないということである。共生とはそういうことであろうと思う。 人間は、自然環境の一部である。 私は自然より採取できる建築素材が好きである。それは、一個一個の素材の歳のとり方が美しいからである。松梁のアメ色しかり、杉板の銀色しかり、土壁のほころびしかりである。自然素材は、人工物の経年による崩壊とは違う、ゆるやかな表情の移ろいを見せる。タイムスパンが自然環境と一致しているのであろう。 めまぐるしく変化する現代の価値観に相応する普遍的なものを住宅は必要とする。 そこに産まれ、そこで育ち、伴侶を得て、老いてゆく。この個々人の経験が幾重にも重なり合い存在するのが住宅である。家族の環境が刻々と変化してゆく中でも、この複雑化に対応するキメの細やかさと、何十年にも渡って家族のシンボルとなり得る寛容さが、住宅には必要である。 現代の感性をもって、自然素材を用いて、伝統技術に依り、建築してゆきたい。 I was born in Japan, grew up in Japan; and I am an architect in Japan: what does that mean? This is the question I ask myself every day. It is a will to maximize the benefits of nature that underlies the Japanese architectures. Just like we hunt in the woods, fish in the river, and pick fruits and vegetables from the fields to eat, we have found and developed the materials in our natural environment, and have built our houses to live in from those materials. It has just turned out like this. There is nothing special about it. What I would like to emphasize here is that the houses that are made out of nature will do no harm to not only the natural environment but also to people living in. That is what “Kyosei (coexist)” means. Human beings are part of natural environment. In my architecture, I willingly use materials taken from our natural environment. I appreciate the beauty of aging of each material; the colour of the pine joist and cedar board, or the frayed edges of the clay walls, etc. Natural materials show gradual and smooth maturity as they age, which is totally different from the aging deterioration of the artificial materials. I believe lives of the natural materials are in harmony with the life of the natural environment; they live in the same time stream. Home must be universal in order to accommodate all the values that frequently shift from one another. We are born there, grow there, have family there, and age there. Home is the place where layers of lives of individuals exist. It is required for home to be precise enough to adjust to complexity as well as tolerant enough to remain as a symbol of a family for decades. With modern sensibility, from materials from natural environment, and using traditional techniques correctly, I architect.
サービス内容:

サステナブル建築, リノベーション, 狭小住宅の建築, 空間設計, 建築設計, 古民家再生, 子供部屋のデザイン・設計, 住宅の新築, 住宅設計, 増改築, 注文住宅, 二世帯住宅, 離れの増築, 木造伝統構法

対応エリア:

三浦市, 日本全国、世界中, 東京都, 千葉県, 静岡県, 愛知県, 栃木県, 埼玉県, 群馬県, 新潟県, 神奈川県, 京都府

受賞歴:

所在地:〒238-0225
神奈川県三浦市
資格・免許:
平均依頼コスト:建築総工費の10%~15%。新築住宅の場合、最低250万円。