料金プラン
  1. Houzz Pro ラーニング
  2. ビジネス管理

ストレスに対処し健全なワークライフバランスを維持する5つの方法

燃え尽き症候群を回避するためのヒントを取り入れ、健康的な習慣を身に付けましょう。

Houzz Pro

新型コロナウィルスによる数々の制限、不確実性に悩まされた激動の 2 年間を経た今、事業主が直面する課題は依然としてストレスの多いものです。ストレスに健全なかたちで対処する方法を学ぶことは、事業の成功にとって、新規顧客を開拓するのと同じぐらい重要です。

皆さんと同じ業界で活躍する専門家の方々から聞いた、ストレスを軽減して、仕事とプライベートを健全なかたちで分けるためのヒントをまとめました。また、自分が楽しいと思える仕事に専念していただけるよう、効率的なワークフロー管理と、時間節約のための戦略とツールもご紹介します。

1. 就業時間を設定し、順守する

食事中に顧客からのメッセージに返信したり、緊急の問題が起きていないか就寝直前に仕事のメールをチェックしたりしていませんか?もしそうなら、仕事の線引きに苦慮されているようですね。

事業主には自社の就業時間を設定する権限があります。つい顧客からのメールにすぐ返信したくなるかもしれませんが、自分や従業員に適したスケジュールを順守する方が、長い目で見れば得策かもしれません。The Conference Board 社が最近おこなった労働力調査によると、従業員の58% が、労働時間の増加は心身の健康にマイナスの影響を与えると感じているそうです。就業時間をうやむやにすることは、自身の健康を後回しにするということです。「私にとって健全なバランスとは、決まった時間に仕事を始め、決まった時間に仕事を終え、その間にすべてをこなすということです。重要なのはタイミングです」と、Dee Hurford Design 社のデザイナーであるディー・ハーフォードさんは言います。

時間を守るために、健全な方法を考え出すことは可能です。The Den Interiors 社のジュリアン・ブルさんは、「メールは、たくさんのメールを書いて下書きフォルダに入れておき、翌朝 9 時に送信します。夜 10 時にメールを送ったら、ずっと働いていると思われてしまいますからね」と話します。

2. 休みを取る

このストレスの対処法は、シンプルながら、事業主にとっては実行するのがとても難しいかもしれません。常にやるべきことがあるという状況で仕事を離れるのは難しいものですが、短い休憩を取るだけでも効果があります。仕事から離れる時間は心身の健康に不可欠なだけでなく、生産性の向上にもつながると考えましょう。

「時には大変すぎると感じるときもありますから、たくさんの細かいことに圧倒されてしまわないよう、何日か頭を休めることも必要です」とアドバイスをするのは、Kate Roos Design 社の社長であるケイト・ルースさんです。ルースさんは、8 月には新規案件を受けないことで、自身とチームが休みを取れるようにしているといいます。「8 月は従業員の多くが休暇を取ります。8 月は予備のための月なんです。仕事をする人も休暇中の人もいるなかで、8 月は遅れを取り戻し、秋になったら新しい仕事を請けましょう、というわけです」

3. 専用のワークスペースを持つ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの人が在宅勤務をするようになりました。どこにいても仕事ができるようにテクノロジーが進化した今、実際、毎日オフィスへ出勤しなくなったという方もいらっしゃるでしょう。最新のデータ予測によると、北米の全職種の 25% が、2023年までリモートワークを続けるといいます。在宅勤務は柔軟性を高めることができる一方で、生活と仕事の空間の境界をあいまいにする可能性があります。

キッチンにデスクを置くにせよ、客間をオフィスにするにせよ、ひとつのスペースを仕事専用とすることで、整理整頓がしやすくなるだけでなく、正しいマインドセットで仕事に取り組め、時間になったらそこから離れることができます。つまり、生活の場で仕事をする場合でも、すべての仕事を一か所にまとめておくことで、仕事を「閉じ込めておく」ことができるのです。

4. ルーティンを持つ

ストレスに対処し、健康的な仕事の習慣を作るには、決まったルーティン(定型のやり方)に従うのが有益です。心の健康を良い状態に保つうえで、ルーティンが重要な役割を果たしていることが、調査からも明らかになっています。ルーティンを実行することで、その日に予定しているタスクの準備ができ、心の余裕と仕事を片付けるエネルギーを得ることができます。

デザイナーのエレン・Z・ライトさんは、ルーティンを作ることで、事業がより上手くいくといいます。「私はプロセスを決めています。ルーティンを確立することは、経営者に起こりがちな燃え尽き症候群や精神的に打ちのめされてしまうことを最小限に抑えるうえで重要だということを、私は早い段階で学びました」

5. 賢くツールを選択する

実際のところ、事業を成功させつつ燃え尽き症候群を回避するには、絶妙なバランスを保つ必要があります。そのためには、適切なツールを使うことが大切です。Houzz Pro では、複数の案件の進捗管理を一か所でまとめてできる案件管理ツールで、無駄のないワークフローを実現することができます。また、時間と経費を記録する機能は、各案件に費やした時間を測ることができます。

「この業界の優れた人はマルチタスクが得意で、常時 6 車線の高速道路を走っているようなものです」と話すのは、Duffek Design & Development 社のディアナ・デュフェックさんです。「しかし、合理化を進めてより多くのことを自動化すれば、経理、請求、発注といった業務を片付けるために遅くまでオフィスに残る必要も少なくなります」と彼女は言います。「Houzz Pro のツールを使うと、整理した情報をお客様と共有でき、効率よく円滑に、そしてスケジュール通りかつ予算通りに事業を運営することができます」

「Houzz Pro を利用することで、一人で複数の役割をこなす必要がなくなりました。それに、見込み案件の状況をいつでも正確に把握することができます」と、Entire Home 社の CEO であるブレイク・イーストウッドさんはいいます。「しかも、支払いについて、電話などでお客様を追いかけまわす必要もありません。請求処理、ある程度の案件管理、経営管理といった役割を、私の代わりに Houzz Pro がやってくれるのです」 

Houzz Pro は、案件・顧客管理を効率化するツールで、住宅業界の事業者の生産性向上を支援します。労働時間を短縮できるよう時間管理して、より良いワークライフバランスを目指しましょう。

Houzz Pro

時間を節約し、顧客を獲得し、案件を一か所で管理できるソフトウェアです。

無料で試してみる

Houzz Pro は、住まいの専門家のために開発された、マーケティング・案件・顧客の一元管理ツールです。