料金プラン

工程表の使い方

この記事は次の専門家向けです:業種:すべての業種契約プラン:ベーシック, プロフェッショナル

工程表を使えば、プロジェクトの全体像を簡単に把握でき、どんな作業があって次に何をすべきかが一目でわかります。また、情報共有のツールとしても使え、社員、顧客、そして協力会社など関係者全員が、プロジェクトのスケジュールについて共通認識を持つのに役立ちます。

工程表を作成するには、案件を開き、メニューから [工程表] をクリックします。

数回クリックするだけで、工程表に項目を追加できます。必要に応じてサブ項目を追加し、より詳細な内容を設定できます。また、作成したタスクを工程表に表示させることもできます。

工程表に項目を追加するには、右上にある [項目の追加] ボタンをクリックします。項目ごとに、担当者(チームメンバーまたは顧客)を任命できます。また、説明や開始・終了日時、前後関係やサブ項目も追加できます。

工程表の項目は色分けされて表示されるので、作業の流れが一目でわかります。自分の好きな色を指定できます。

工程表で項目の前後関係を設定する方法については、こちらの記事をご参照ください。

工程表には「ガントチャート表示」と「カレンダー表示」の 2 種類の表示方法があり、右上の[項目の追加] ボタンの隣で設定できます。

工程表が完成したら、チームメンバーや顧客と共有できます。工程表の共有については、こちらの記事をご参照ください。

まだ解決しませんか?