料金プラン

ルームプランナーの使い方

Houzz Pro の「ルームプランナー」は、インテリア案件において、最初のアイデア出しから最終的な商品の選定まで、一連のプロセスを管理するのに役立つツールです。

ルームプランナーでは、部屋ごとに「ルームプラン」を作成できます。ルームプランを使用することで、複数の商品選択の管理、予算管理、顧客にビジョンを紹介するためのプレゼンテーション作成が可能です。

ルームプランには商品クリッパーを使ってクリッピングした商品、素材、仕上げ、設備、家電、ムードボード、3D 間取り図、ファイルを追加して、整理した形で顧客に提示することができます。

調達状況」もルームプランナーに統合されました。案件のルームプランナーの上部にある[調達状況]をクリックすると、案件に関係のある商品やサービスのステータスが一目でわかります。

ルームプランを作成する

Houzz Pro のホームページで、右側の「新規作成」セクションにある[ルームプラン]をクリックします。そして、必要な情報を入力すると、ルームプランを作成できます。

既存の案件でルームプランを作成するには、Houzz Pro の左ナビゲーションから特定の案件を開き、その左メニューで[ルームプラン]をクリックするか、「ルームプラン」セクションで「新規作成」のタイルをクリックします。部屋の名前など情報を入力すれば、ルームプランを始められます。

ルームプランにアイテムを追加する

右側のサイドパネルから、家具や素材、設備などのクリッピングした商品、ライブラリーの品目、3D 間取り図ムードボード、画像、ファイルをルームプランのボード上に追加することができます。

ルームプランにアイテムを追加するには、次の3通りの方法があります。

1. クリックする: サイドパネルにあるアイテムをクリックすると、ルームプランの先頭に追加されます。

2. ドラッグ&ドロップする: サイドパネルにあるアイテムをクリックして選択した状態で、そのままルームプラン上へドラッグします。アイテムを配置したい場所にドロップすることで、意図した場所に置くことができます。

3. クリッパーから直接追加する:商品の情報をクリッパー ツールを使ってクリッピングする際、その商品を追加したい案件と部屋を選択します。すると、「ルームプランに直接追加」のチェックボックスが現れるので、それをチェックした状態で[Houzz Pro に保存する]ボタンをクリックすると、次回ルームプランを開いたときに、その商品が自動的にルームプランのボード内に追加されます。

右側のサイドパネルからルームプランのボードに追加できるものは以下のとおりです。

案件の品目

この内容は自動的に構築されます。Houzz Pro の商品クリッパーを使ってクリッピングする際、案件と部屋を指定して保存すると、その指定した案件のルームプランでここに表示されます。また、Houzz Pro ライブラリーに手動でアップロードした商品の場合も同様で、案件の中で使用された商品は「案件の品目」内に表示されます。ここから商品をルームプランのボードへ追加すると、詳細情報も一緒にコピーされるので、再度サイズや価格などの情報を確認する必要はありません。


ライブラリー

ここからは Houzz Pro ライブラリーに保存されているすべての商品とサービスにアクセスすることができます。検索ボックスを利用すれば、探しているものを素早く見つけられるでしょう。


3D 間取り図

案件に関連して作成した間取り図が、「割り当て」タブの下に表示されます。また、いずれの案件や部屋にも割り当てられていない間取り図も、「未割り当て」タブの下に表示されます。


ムードボード

「ムードボード」についても、案件に関連して作成したものが「割り当て」タブの下に表示されます。そして、いずれの案件や部屋にも割り当てられていないムードボードも、「未割り当て」タブの下から追加できます。


画像

「画像」をクリックすると、画像ファイルを自分のパソコンからアップロードし、ルームプランのボードに追加することができます。また、案件の「ファイル・写真」に保存されている画像も、ここから追加できます。


ファイル

文書や取扱説明書などを追加したい場合は、「ファイル」からアップロードして行えます。また、案件の「ファイル・写真」に保存されているファイルも、ここから追加できます。

アイテム表示をアレンジする

ルームプランの各アイテムは、簡単に順番を入れ替えたり、サイズを変更することができるので、顧客に注目してもらいたいものを目立つ場所に配置したり、選択肢を並べて配置したりと、表示をアレンジすることができます。アイテムの順番を入れ替えるには、移動したいアイテム カードの上部をクリックして(マウスのカーソルが手のひらの形から掴んだ形に代わります)好きな場所にドラッグするだけです。

右上の3点ドットのアイコンをクリックすると、各アイテム カードの表示サイズを変更できます。サイズは大・中・小の3サイズから選べます。また、右下の両矢印をドラッグしてもサイズを変更できます。

カバー画像を設定する

カバー画像とは、Houzz Pro でルームプランのプレビュー サムネイルが表示されるときに使用される画像のことです。ルームプランナーの中はもちろん、案件の概要ページや顧客用ダッシュボードでも表示されます。適切なカバー画像を設定することで、それぞれのルームプランを素早く判別でき、また、顧客に対してもプロフェッショナルに提案することができます。

カバー画像を設定するには、次の2つの方法があります。

方法1:ルームプランに追加されているアイテムをカバー画像に設定できます。カバー画像に設定したいアイテムの右上にある3点ドットをクリックし、メニューから[カバー画像に設定する]をクリックします。

ヒント:ムードボードをカバー画像にすることをお勧めします。

方法2:ルームプランの右上、[変換する]ボタンの左側にある(i)アイコンをクリックし、「詳細」タブの右上にある3点ドットをクリックします。そして、表示されたメニューから[カバー画像の追加]を選択します。これにより、パソコン上にある画像ファイルをカバー画像に設定できます。

アイテムをグループ化して整理する

ルームプランのアイテムは、セクション機能を使ってグループ化することができます。この機能は、アイテムを家具別や目的別などでまとめたり、顧客に選択肢を提示して選んでもらう時に便利です。たとえば、ソファの候補が3つあったとして、それをグループ化しておけば、その中からいずれか1つ選べばよいことを顧客に簡単に理解してもらえます。

セクション機能を使用するには、次の手順に従ってください。

1. グループ化したいアイテムについて、それぞれのアイテムカードの左上にあるチェックボックスをオンにします。

2. ルームプランの上部に「操作」メニューから現れるので、クリックして[セクションの作成]を選びます。

または、すでにセクションを作成している場合は、セクションと他のアイテムカードとの上下のすき間にマウスカーソルを動かすと、「新しいセクションの作成」オプションが現れます。そのオプションをクリックすると、空っぽの新しいセクションが作成されるので、その中にアイテムカードをドラッグ&ドロップします。

3. セクションの左上の「セクション」と書かれている欄をクリックして、セクションのタイトルを入力します。また、必要に応じて、セクション名の下に説明文を入力します。

4. セクションを目立たせたい場合は、色を指定することができます。セクションの右上にある3点ドットをクリックして[色を選択]をクリックすると、色を選択できる画面が表示されます。色を指定すると、タイトルの前にあるタグと、セクションの左側の枠線がその色になります。

その他、3点ドットをクリックすると、説明の表示・非表示など様々な設定ができます。

ヒント:3点ドットの右側にある矢印アイコンをクリックすると、そのセクションの表示をタイトルだけにすることができます。もう一度クリックすると、セクション全体が表示されます。

アイテムを削除または非表示にする

ルームプランに追加した商品に納得いかない場合や、顧客もそう思っていそうな場合は、納得いかないアイテムをボード上から削除することをお勧めします。その場合、アイテムを削除する方法と、非表示にする方法があります。

アイテムを削除する

ルームプランのボードから完全にアイテムを削除するには、当該アイテムの右上にある3点ドットをクリックし、[プランから削除する]を選択します。いったん削除したアイテムは、右パネルの「案件の品目」からいつでもまた追加することができます。

アイテムを非表示にする

もし、削除するほどでもないと思う場合は、代わりに非表示にする方法をお試しください。アイテムを非表示に設定すると、ルームプランのボード上の一番下の「非表示アイテム」に移動され、自分にしか見えなくなります。

たとえば、複数の選択肢から顧客が選択された場合、採用されなかったアイテムを非表示にしておけば、自分が提案したものをいつでも確認することができます。

アイテムを非表示にするには、アイテムの右上にある3点ドットをクリックし、[顧客へ非表示にする]を選択します。

非表示のアイテムを元に戻す

採用するアイテムを顧客が決めた場合でも、後から「やっぱり別の方がよかったかも」ということになるかもしれません。そのような場合は、いったん非表示にしたアイテムの非表示を解除して、顧客が見える状態に戻すことができます。

非表示のアイテムを元に戻すには、「非表示アイテム」にあるアイテム カードの右上にある3点ドットをクリックし、[顧客に表示する]を選択します。

アイテムを案件から削除する

ボード上のアイテムが不要になり、案件の品目にも表示されたくない場合は、アイテムを案件から完全に削除する必要があります。まず、削除したいアイテム カードの右上にある3点ドットをクリックし、[案件から削除する]を選択します。すると、本当に削除するかどうかの確認メッセージが表示されます。

この操作で、そのアイテムはルームプランのボード、調達状況、案件の品目から完全に削除されます。もし、後でそのアイテムが必要になった場合は、商品のライブラリーからアクセスすることができます。

案件の予算を管理する

ルームプランの右上には予算の棒グラフがあります。「編集」をクリックすると、そのルームプランの総予算を入力できます。(i)アイコンをクリックすると、コストの内訳が表示されますが、この情報は自分のみ参照でき、顧客には表示されません。

予算の状況は、「プレビューして共有」の画面で顧客へ表示する設定をした場合のみ、顧客にも見えます。

ルームプランにライブラリーから商品を追加して、[予算に含める]チェックボックスをオンにすると、その金額が加算されていくので、予算に対する現在の支出予定金額が一目でわかります。

顧客とルームプランを共有する

ルームプランを顧客と共有すると、顧客はオンラインでアイテムの採用・不採用を決定したり、コメントを残したりできるようになります。顧客がアイテムに対して採用・不採用の決定を行ったり、コメントしたりすると、自動的に通知が送られるので、常に最新状況を把握できます。

ルームプランの共有方法は、顧客用ダッシュボードからとメールからがあります。PDF ファイルやプレゼンシートにエクスポートすることも可能です。

ルームプランを顧客と共有するには、ルームプラン ページの右上にある[プレビューして共有]ボタンをクリックします。

すると、プレビュー画面が表示され、左上に「顧客への表示内容を設定できます」という設定のリストボックスが表示されます。顧客に見せたい内容について、チェックをオン・オフしてカスタマイズします。

表示設定には以下の内容があります。

価格:次の内容を表示または非表示にできます。

  • アイテムの価格 ー アイテムの販売価格
  • 予算 ー 各アイテムが全体の予算のどのくらいを占めるか

品目の内容:このセクションでは、アイテムの詳細の表示について設定できます。

  • 数量
  • 説明、色、素材、サイズ
  • 商品のリンク ー もし顧客が、アイテムを自分で購入して施主支給する予定の場合は、このチェックボックスをオンにして、アイテムの Web ページのリンク情報を共有してあげるとよいでしょう

採用・不採用:顧客にアイテムを採用するかしないかの最終決定をしてほしい場合は、この設定を使用します。オプションは、ルームプランに追加できるアイテムの種類に分類されています。

  • 商品・サービス ー 「案件の品目」または「ライブラリー」から追加した商品について、顧客に採用するかしないか決定してもらいたい場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • ムードボード ー Houzz Pro 内で作成したムードボードについて、顧客に採用するかしないか決定してもらいたい場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • 間取り図 ー Houzz Pro の 3Dフロアプランナーで作成した間取り図について、顧客に採用するかしないか決定してもらいたい場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • 画像・ファイル ー アップロードした画像やファイルについて、顧客に採用するかしないか決定してもらいたい場合は、このチェックボックスをオンにします。

表示の設定が完了したら、右上にある[共有]ボタンをクリックします。すると、メールの送信画面が表示されるので、必要に応じて宛先のメールアドレスを追加したりメッセージの内容を変更して、[送信]ボタンをクリックします。ルームプラン用のメールテンプレートを設定する方法については、こちらの記事をご覧ください。

別の方法で顧客と共有したい場合は、[共有]ボタンの隣にある下向き矢印(▼)をクリックします。すると、「ダッシュボードへ公開する」か、「PDF としてエクスポート」するか、「プレゼンシートをダウンロード」することができます。プレゼンシートのオプションを選択した場合は、プレゼンシートに表示する項目の種類を選択するための設定ウィンドウが表示されます。

ルームプランを見積書や請求書へ変換する

ルームプランの内容でプロジェクトを進めることになったら、ルームプランを見積書または請求書へ変換することができます。ページの右上にある[変換する]ボタンをクリックすると、文書にどの品目を含めるかを指定し、合計金額を確認するためのウィンドウが表示されます。書類の種類を選択し、必要な品目をチェックして、右下の[x個の品目を変換]ボタンをクリックしてください。

変更内容をトラッキングする

ルームプランナーでは、チームのメンバーや顧客とのやり取りが記録されます。[変換する]ボタンの左側にある(i)アイコンをクリックし、「アクティビティ」タブを選択すると、コメント、変更、採用など、ルームプランに対するアクティビティの履歴が表示されます。

まだ解決しませんか?