The Pritzker Prize Goes to India's Low-Cost Housing Pioneer
保存62質問する印刷

The Pritzker Prize Goes to India's Low-Cost Housing Pioneer

Houzzコントリビューター(寄稿者)のコメント:

Mitchell Parker さんが 低価格住宅の先駆け。2018年プリツカー賞受賞者、バルクリシュナ・ドーシの建築に追加しました
インド経営大学院バンガロール校(1977-1992、段階的に完成)の半屋外廊下インド、バンガロールドーシの手掛けたプロジェクトのなかでもとくに有名なものに、インド・アーメダバードにあるドーシのアトリエ《サンガス》、《アーメダバード・スクール・オブ・アーキテクチャー(のちの環境計画・技術センター(CEPT)》、インド経営大学院バンガロール校、インド農業・肥料業者協同組合のためにカロルにつくられたローコスト・ハウジング地区、1995年に栄誉あるアガ・カーン建築賞を受賞したインドールの《アランヤ・コミュニティ・ハウジング》などが挙げられる。「私の仕事は、私の人生や哲学や夢の延長であり、私はそこで建築精神の宝庫を創造しようとしてるのです」ドーシは受賞に際しての発表でこう述べている。「この栄誉ある賞をいただけるのは、私の師であるル・コルビュジエのおかげです。彼の教えによって、私はアイデンティティに疑問を抱くようになり、持続可能で全体性を重視した生活環境を実現するため、地域に受け入れられる時代をとらえた最新の表現を発見せざるをえなくなったのです。私の仕事がこうして評価されることはとても感慨深く、努力の実った思いであり、心から謙虚に感謝の念をもって、プリツカー審査員の皆さまへお礼を申し上げます。今回の受賞によって、『ライフスタイルと建築がひとつになったとき、祝福がある』という私の信念を再確認しました」受賞式は今月トロントのアガ・カーン美術館で行われ、賞金として10万ドルが贈られる。ここからは、写真でドーシの代表的な作品をもう少しご紹介しよう。

Houzzユーザーのコメント:

Melinda Baker さんが just like itに追加しました
Just like this maybe palms against back wall
この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています