Houzz Logo Print

四国中央のおうちTOWN

39テラス

他の地域にある小さな北欧スタイルのおしゃれなLDK (白い壁、合板フローリング、白い床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを子供がいても片付いた家を保つためのヒントに追加しました 2021年6月26日

“心”「片付いていない」ことの精神的ストレスは計り知れません。家事・育児・仕事といくつもの役割をこなしている方は、特にそう感じているかも。心の持ち方が大きく影響しています。

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムをきれいが続くリビングをつくる片付け。5つのポイントに追加しました 2021年1月24日

3. ものを直置きしないすっきりしたリビングのために心がけたいのは、ものを直に(床に)置かないことです。面を広く確保するという意識で一度、リビングを俯瞰してみてください。家具や収納も直置きではなく、脚のついたものをセレクトすると、空間がすっきりと広く見えるのでおすすめです。加えて、掃除機やモップがけがしやすいのもポイントです。床にモノを置かないようにするコツ

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムをきっとうまくいく。今年こそ実現できる片付け年間計画に追加しました 2020年12月23日

【1月】リビングを輝かせる 年の初めは、家の中の中心的な場所であるリビングを輝かせることに意識を向けましょう。床をピカピカに磨いたり、棚の埃をモップで払うのを習慣にします。新しいお札を手に入れたり、花を飾ったりと、部屋を整えたくなるきっかけが年初には多いので、きっかけをつくりやすいはずです。機能的なもの、色やデザインが好みなど、気分のあがるプチ掃除道具を手に入れるのもいいですね。目につくところを輝かせるというのがテーマですから、掃除道具もできるだけ手に取りやすい場所に置くと習慣づけやすくなります。もちろんリビングに限らず、自分にとって居心地がいい場所を輝かせるよう意識するのもOKです。

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを1日5分でOK! 心をポジティブにする片付けの効果とは?に追加しました 2019年5月16日

1. 捨てる行為でスッキリ片付かない状態というのは、大抵、必要なものと不必要なものが区別できていません。日々暮らしていると、特に増やしている感覚がなくても、ものは増えていくものです。例えば買い物時にもらった空き袋は、ゴミ箱に捨てれば用を果たしたもの、再利用のために決められた場所に収納すれば、必要なものとして収まりますが、適当にテーブルや床に放置されている状態では不必要なものになります。

類似した色の写真
Sater Group's "Villoresi" Custom Home Design
TV Board
Contemporary Living Room
Interior Design - Contemporary Comfort
LAUDALE ESTATE
Contemporary
Deluxe in Alexandria
Recent Installations