Vogue

Photo : Satoshi Shigeta

福岡の男女兼用コンテンポラリースタイルのおしゃれなウォークインクローゼット (オープンシェルフ、白いキャビネット、ベージュの床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを夏に実践したい、クローゼット収納の使い方、整え方に追加しました 2018年6月27日

6. ここにあるべきでないものを見つける1. でクローゼットを空にした際に、本来、クローゼットには入れるつもりではなかったものがあるはず。洋服を買った際の紙袋、靴箱や緩衝材、そのほかにも一時置き場にしてしまいこんだものの、すっかり忘れていたものも出てきます。探していたものであれば、元にあるべき場所へ戻し、念のために保管していたものであれば、その用途をもう一度検討してみてください。そもそも「念のため」と考えていた出番はこの先もないかなと思えば、それは手放してよいサインです。レイアウト別、ウォークインクローゼットの収納プランニング

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを秋に見直したい、ファッションアイテムを整理する6つのポイントに追加しました 2017年9月25日

1. しまう前に夏ものを見直すウォークインクローゼットの普及で、近年の私たちの暮らしでは、いわゆる「衣替え」をする必要がない住まいが増えました。そうは言っても、季節が変われば、身に着ける服やアイテムが変わりますので、クローゼット内の手前と奥を入れ替えたりする作業は必要です。この季節は夏ものを奥へ、秋冬ものを手前へと入れ替えます。まずは奥へしまう前に夏ものを見直しましょう。今年着なかった服はありませんか? 着れる着れないではなく、この夏、一度も袖を通さなかった、身に着なかった服をピックアップしてください。そしてなぜ着なかったのか、その理由を検証してみましょう。想定できる理由を例にあげるとサイズが合わなくなった、または着れるけれど多少窮屈感があるくたびれた感じがする、デザインが古い気がするため外に着ていきたくなかったその服を着ていく場所・機会がなかったなんとなくこれらは一例ですが、着なかった理由は必ずあるはずです。なんとなく、の後ろには「なんとなく着る気分じゃなかった」「なんとなく似合わない」など、やはりそこに続く理由があるのではないでしょうか。そうした理由が翌年、劇的に復活することはほぼないと言えるでしょう。このタイミングで手放して、次年度以降にまた欲しいものや着たいものに巡り合えたら、その時に新たに手に入れればいいのです。反対に何年経過したものであっても、お気に入りのもの、着心地のいいもの、この先も大切に身に着けたいものは、メンテナンスを怠らず、収納しましょう。

Vogueの写真

類似した色の写真
Traditional Closet
Grayham Road - London
дом 420 кв м
Casa Tabacchi
Men's Dressing Room
Il Nostro Sogno
ARK
Carpenter & Carpenter