長野県茅野市(八ヶ岳を望む家)

藤松建築設計室

他の地域の小さい木のアジアンスタイルのおしゃれなかね折れ階段 (木の蹴込み板) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

studio_rhplus
Interior & Lifestyle Design RH+ (アールエイチプラス)さんがアイテムを共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【玄関~リビング篇】に追加しました 2019年7月4日

またリビングそばに、スタディスペースや家族で使う本棚を設けておくのもおすすめです。リビングの中にパブリックとプライベート、両方のスペースを設けておくと、気持ちの切り替えにも役立ちます。入り口から死角になる場所に設ける、建具で仕切れるようにしておくといった工夫をすれば、作業中の資料や道具をそのままにしておけるので利便性が高くなります。共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【キッチン編】共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【洗濯〜クローゼット篇】

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを「Best of Houzz 2019」発表。最も人気だった10作品は?に追加しました 2019年1月7日

藤松建築設計室が手がけた、長野県茅野市(八ヶ岳を望む家)の階段まわり。

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを無駄なく使う階段まわりのアイデア収納に追加しました 2018年8月21日

階段は本棚と相性がいい本の収納スペースの確保は、家を建てる際に多く寄せられるリクエストの一つです。壁に本棚を造作することで、部屋を広く使えるメリットがあります。階段の途中に本棚を設ければ、高いところの本も出し入れしやすくなります。梯子や踏み台を使わないと届かない位置には、出し入れの機会が少ない本を収納するのがポイントです。

hbrackin
Heather Brackinさんがアイテムを本棚をつくるなら、家のどこに?に追加しました 2017年9月19日

広い踊り場の壁に造り付けられた大きな本棚。階段周りのスペースを上手に活用した、小さな書斎とも呼べそうな場所です。

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
スケールのよい小さな家
階段途中から入る書斎
Vogue
くるりの家
高津の家
ひかり降る家
中庭が景色を繋ぐ家
東大阪市・H邸リフォーム