Houzz Logo Print

成城の家リノベーション

間仕切りをとりはらって、広々としたリビングダイニングとしています。もともと掘りごたつのあった6畳の居間の雰囲気を残して、畳スペースに新規に掘りごたつを設けました。

東京23区にある和風のおしゃれなリビング (青い壁、畳、緑の床、和モダンな壁紙) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを暗い家を明るくしたい!そんな時のリフォーム、リノベーションの考え方に追加しました 2021年10月19日

②壁や天井の色や素材を変える家全体の壁や天井を変えなくても、家族が長く過ごす居間だけを、変えてみるだけでも効果は期待できます。その場合でも、壁の一面だけ彩度の高い色に変えるだけで、室内の明るさに対する印象が全く違うものになります。例えば、窓の位置などを考慮して陽の光が一番射す壁の色を変えてみたり、あるいは家族が観るTV背面の壁の色だけを変えてみるという方法があります。色を変える素材として壁紙を選ぶと、短時間・低コストで変化を体感できると思います。Houzzで住まいの専門家を探す

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを実は建築家に相談できる、設計以外の家づくりのことに追加しました 2019年12月3日

セカンド・オピニオン―現場監理だけ依頼建売住宅やマンションなどを購入する方が、引き渡しを受ける際に内覧をしますが、この時に同行して貰うことも可能です。専門家の視点で、引き渡し時に必要な検査や保証書、その他大切な書類のチェックやアフターケアのことなどに関しても、チェックやアドバイスが貰えることでしょう。また建売住宅を購入する場合で、なおかつ工事の着工前ならば、工事監理だけを依頼することも可能です。ただしセカンド・オピニオン業務は、たいへん厄介な作業になる場合もあるため、正式に依頼したい場合には、事前にきちんとした情報を提示した上で、よく御相談することが大切ですので、お忘れなく。

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムをリノベーションとは?リフォームとの違いに追加しました 2019年10月31日

過去の作り手とコラボするまたリノベーションでは、既存建物へのリスペクトが不可欠です。築年数や価値にかかわらず、どんな建物でもその建築に携わった人々の努力が詰まっています。建て主の夢と設計者の思想、施工者の技術や苦労など、造り手たちの思いと対話することで、今あるべき姿へと導いてくれると思います。その思いを受け止められなければ、むしろ建て替えたほうが良いかもしれません。つまりリノベーションとは過去の造り手たちとのコラボレーションとも言えるでしょう。

類似した色の写真
Appartamento CNC
Apartament in Madrid
Duplex near Harvard Square, Cambridge Massachusetts
Luxury Beach House
Spice Warehouse Tribeca Loft Living Room
Contemporary Living Room
Fairholt Street
Stunning vaulted oak frame rooms