専門家を探す

愉しむ♪夫婦のシェアハウス

photo by Kanamori

名古屋にある小さなラスティックスタイルのおしゃれなリビング (白い壁、淡色無垢フローリング、暖炉なし、テレビなし、茶色い床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

sayakafujima
藤間紗花さんがアイテムをセカンド・リビングってどんな部屋? 専門家が解説する、特徴と使い方に追加しました 2021年11月26日

・部屋として設けてみる将来、家族が増えることを考慮して、部屋を確保している住まいもあるでしょう。その部屋を当面セカンド・リビングとして利用するのも手です。子供が部屋を必要と考える時期は、早くても小学校入学時だと思います。それまでの6年間はセカンド・リビングとして利用し、趣味の映画や音楽鑑賞などを家族に迷惑を掛けることなく、そして邪魔されずに楽しめる場所にしてみてはいかがでしょう。その時、可能ならば扉を設けた個室ではなく、誰もが使い易くするために開放感の高い部屋としておけば、より利用しやすくなると思います。