床の間。  Alcove(tokonoma)

床の間。                      
Alcove(tokonoma)

横浜の和風のおしゃれなホームオフィス・仕事部屋の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

jk21
Junko Kawakamiさんがアイテムを世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性に追加しました 2016年4月5日

床の間の木はもともとこの敷地に建っていたオーナーの両親の家の材を再利用し、コーナーを丸めたデザインとした。また、この茶室はゲストが宿泊する部屋としても使われている。これまで住宅だけでなく公共建築においても、現代的なデザインの茶室を数多く手がけてきた横河氏は、現代建築における茶室について、「形式は大切ですが、形式にとらわれると面白いことはできません。茶事と茶室を茶道として成立させた千利休は、当時としては斬新でクリエイティブなことをやってのけたのです。現代の空間と暮らしのなかで、利休のようなクリエイティビティと精神を実現するのが現代の茶室だと思います」と話す。この家の写真をもっと見る

Houzz 寄稿者のコメント:

kamimura4727
kamimura4727さんがアイテムを「茶室」の伝統と革新性に追加しました 2017年5月3日

床の間の木はもともとこの敷地に建っていたオーナーの両親の家の材を再利用し、コーナーを丸めたデザインとした。また、この茶室はゲストが宿泊する部屋としても使われている。 これまで住宅だけでなく公共建築においても、現代的なデザインの茶室を数多く手がけてきた横河氏は、現代建築における茶室について、「形式は大切ですが、形式にとらわれると面白いことはできません。茶事と茶室を茶道として成立させた千利休は、当時としては斬新でクリエイティブなことをやってのけたのです。現代の空間と暮らしのなかで、利休のようなクリエイティビティと精神を実現するのが現代の茶室だと思います」と話す。

弘中邸の写真

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
受庵 想庵 行庵
茶室入口。 Entrance door of Japanese tea room.
R10渋谷Tさんの家
受庵
Tea Tree House
R10渋谷Tさんの家
茶室入口。 Entrance door of Japanese tea room.