道路側外観。大地に載った多面体を見る。 View from the road.Looking at the polyhedron on the plateau.

横浜のコンテンポラリースタイルのおしゃれな家の外観の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

jk21
Junko Kawakamiさんがアイテムを世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性に追加しました 2016年4月5日

多面体の中の茶室建築家の横河健氏が設計した〈弘中邸〉は、前面道路からは塀の上にアルミパネルで覆われた多面体が載っているだけに見える斬新なフォルムの建築だ。通りがかった人には住宅とは思えないかもしれない。だが、敷地は傾斜地となっており、擁壁となっている塀の内側にある1F部分にはゆったりとした生活空間が広がっている。一方、2Fにあたる多面体には、多忙な弁護士でありながら絵を描くことと茶道を趣味とするオーナーの茶室とアトリエが収められている。つまり、1Fは日常、2Fは非日常の空間である。

Houzz 寄稿者のコメント:

kamimura4727
kamimura4727さんがアイテムを「茶室」の伝統と革新性に追加しました 2017年5月3日

多面体の中の茶室 建築家の横河健氏が設計した〈弘中邸〉は、前面道路からは塀の上にアルミパネルで覆われた多面体が載っているだけに見える斬新なフォルムの建築だ。通りがかった人には住宅とは思えないかもしれない。だが、敷地は傾斜地となっており、擁壁となっている塀の内側にある1F部分にはゆったりとした生活空間が広がっている。 一方、2Fにあたる多面体には、多忙な弁護士でありながら絵を描くことと茶道を趣味とするオーナーの茶室とアトリエが収められている。つまり、1Fは日常、2Fは非日常の空間である。

弘中邸の写真

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
茶室前の蹲いと躙り口を庭よりのぞく。 Looking to the Tsukubai and Nijiri-guchi from the garden.
受庵 想庵 行庵
床の間。  Alcove(tokonoma)
受庵
茶室入口。 Entrance door of Japanese tea room.
Tea Tree House
茶室前の蹲いと躙り口を庭よりのぞく。 Looking to the Tsukubai and Nijiri-guchi from the garden.
床の間。  Alcove(tokonoma)