高円寺の家

2階の寝室は天井がなく、屋根を支える梁がむきだしになっており、とても開放感のあるスペースとなっています。
また、寝室と廊下をへだてる鴨居にあたるところがガラスで見渡せるようになっていて、寝室にいながら廊下の梁をながめることができます。

写真:奈良岡忠

東京23区のモダンスタイルのおしゃれな寝室 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを木と漆喰の心地よさに守られて。匠の技が光る小さな家に追加しました 2019年1月23日

こちらは、2階の廊下の先にある寝室だ。天井部分に、1階の「地窓」と対になる「越屋根」の窓がある。「越屋根の窓を閉めていておけばここに熱だまりができて、下にいる人はその放射熱で暖かくなる。室温はあがらないけれど、体感温度だけがあがります」と松井さん。 右手に見えるクローゼットの下は床から浮いている作りになっていて、スペースを広く見せる効果がある。